芸能

《延期中》映画『緊急取調室』市川猿之助の代役難航、年内の公開断念「主要キャストの年内スケジュールも取れず」

天海祐希(時事通信フォト)

『緊急取調室』主演の天海祐希(時事通信フォト)

『みなさん、出番です』──天海祐希(56)主演の劇場版『緊急取調室 THE FINAL』(キントリ)の公式ホームページに踊るキャッチフレーズである。今年6月16日に公開予定だった同映画は、6月1日に公開延期が発表されたまま、公開のめどはたっていない。 NEWSポストセブンが取材を進めると、その“出番”に向けた調整はいまだに難航中なのだという。

 今年5月、歌舞伎役者の父・市川段四郎さん(享年76)と実母(享年75)への自殺ほう助の罪で逮捕、起訴された歌舞伎役者の四代目・市川猿之助(47)。7月末に保釈され、都内の病院を退院後は“事件現場”となった自宅で生活しているという。

 初公判は10月に東京地裁で行われるが、役者としての今後の見通しは立っていない。歌舞伎関係者が打ち明ける。

「現実的に今の猿之助さんが歌舞伎の舞台や役者として表舞台に出ることは難しい。ただ、役者としては非凡な才能を持っており、近い関係者の間ではこれから10年ほど演出など、裏方を務めながら歌舞伎界を支えるのではないかと見られています。裁判の判決次第ですが罪を償い、世の中に求められることがあれば、再び舞台に立つこともありかもしれません」

 一方で、宙ぶらりんの状態となっているのが冒頭の『キントリ』問題だ。2014年からテレビ朝日系で放送されている同作は、天海演じる取調官が特別取調室で事件の被疑者を取り調べ、事件を解決していく刑事ドラマで同局の看板ドラマの1つ。猿之助さんの逮捕を受けて、映画と関連した特別ドラマも放送が延期されたままだ。

関連記事

トピックス

小室圭さん眞子さんの元へ、佳代さん(右)が…
小室圭さん・眞子さん夫妻が豪邸にまもなく引っ越し 母・佳代さんは3年越し渡米へ向けて準備か
女性セブン
『踊る大捜査線』続編、2月にクランクインか 難色示していた織田裕二は出演快諾、不仲説があった柳葉敏郎も共演へ
『踊る大捜査線』続編、2月にクランクインか 難色示していた織田裕二は出演快諾、不仲説があった柳葉敏郎も共演へ
女性セブン
スポークスマンなのに自らの疑惑を説明しなかった(時事通信フォト)
【アルマジロ】1000万円裏金疑惑で更迭へ 松野博一・官房長官は“逃げる”政治家「総理大臣杯は重い」 キックバック報道からも逃げ続けて“アウト”
NEWSポストセブン
菅田将暉
『ブラック・ジャック』高橋一生でドラマ化 当初は菅田将暉が主演の予定、“カネで命を救う”の価値観と不一致で降板か
女性セブン
国際親善におけるご活躍が期待されている(10月、鹿児島県鹿児島市。写真/JMPA)
雅子さま、完璧主義でも「いつも時間が足りない」ジレンマ タイムスケジュールの管理が唯一の課題
女性セブン
息子は二宮和也(40才)の第2子と同級生の相葉雅紀
相葉雅紀「高級レストランで1才息子が号泣」の大ピンチ 周囲に頭を下げながら外に出て子をあやすファインプレー
女性セブン
「りりちゃん」こと渡辺真衣被告
【衝撃の法廷レポ】頂き女子りりちゃん「5000万以上いただいてるおぢ」との証拠LINEと4000万円貢いだホストの意外な現在
NEWSポストセブン
財産分与が発生するのか(写真/AFLO)
羽生結弦、105日離婚の元妻が財産分与で推定2億円超を手にする可能性も 「婚姻期間の収入」が対象
女性セブン
イケメンを“お持ち帰り”した王林
王林に初ロマンス カラオケバーで意気投合した男性歌手を“お持ち帰り”、グイグイ引っ張りホテルへ
女性セブン
「KANA-BOON」のドラム担当の小泉貴裕(こいちゃん)
《ほんまに俺の子?》「KANA-BOON」ドラム担当が20代アイドルと妊娠・中絶トラブル 結婚ほのめかしながら交際、最後は「事務所が認めてくれない」
NEWSポストセブン
森久美子
【堂々闊歩】女優・森公美子 ネット上で吹き荒れた「死亡説」吹き飛ばす黒タイトワンピ姿 
NEWSポストセブン
深田恭子と杉本会長(時事通信フォト)
《結婚目前で破局》深田恭子の交際相手が購入していた「平均販売価格20億円の超高級レジデンス」と「ハリー・ウィンストンの指輪」
NEWSポストセブン