芸能

永野芽郁、異例の日本武道館単独公演『非公開』で何をやる? 大型二輪免許取得のために教習所通いか

イベントに向け、さまざまな企画が進行中(写真は永野のインスタグラムより)

イベントに向け、さまざまな企画が進行中(写真は永野のインスタグラムより)

 美しい黒髪から一転、ふんわりとウエーブがかかった金髪ヘアへのイメチェンは周囲の視線を集めた。9月19日から25日にかけてイタリア・ミラノで行われたファッション・ウィークに、「PRADA」のブランドアンバサダーを務める永野芽郁(24才)が参加し、新ヘアをお披露目した。

 永野は、7月13日よりNetflixで配信されたドラマ『御手洗家、炎上する』で主演を務め、9月1日公開の映画『こんにちは、母さん』では、大人になりきれない葛藤を抱える「イマドキ女子」を演じるなど、多忙を極めている。そんな彼女が目下集中しているのが、前代未聞のイベントへの挑戦だ。11月23日に日本武道館(以下・武道館)で単独公演を開催するのだ。

「収容人数は約1万5000人で、国内の現役女優の単独イベントとしては史上初の規模になります。9月24日のインスタライブで、チケットやグッズ販売の詳細が発表されると、公式サイトのサーバーが一時ダウンするほど応募が殺到しました」(芸能関係者)

 永野本人の発表によると、イベントのタイトルは『非公開』だそう。非公開と言われると、より何が行われるのか気になってしまうが、女優である彼女が、ライブの聖地としても呼び声の高い武道館で、どんな姿を見せるのだろうか。永野の仕事関係者が話す。

「永野さんは多趣味で、楽器をたしなむ一面もある。ギターやドラムを長年続けていて、2年前には映画『そして、バトンは渡された』の役作りとしてピアノを猛特訓し、見事な演奏も見せました。

 音楽好きの彼女ですから、武道館でも何らかの演奏を披露する可能性がありますね。以前、『歌はすごく下手なんです』と明かしていましたが、猛特訓して歌声を披露、という展開もあるかもしれません」

 そして、彼女のもう1つの趣味がバイクだ。

「最近、永野さんは大型自動二輪免許取得のため、都内の教習所に頻繁に通っているそうです。すでに中型自動二輪免許は取得しており、いつか大型も、と話していて、アメリカンオートバイの代表格であるハーレーダビッドソンに乗ることが夢だと周囲に語っていた時期もあった。今回のイベントで披露すべく、免許取得に勤しんでいるという噂もあります」(前出・芸能関係者)

 華奢な彼女にとって、大型バイクの操作は容易ではないだろう。こちらも猛特訓が必要そうだ。

 24日に行ったインスタライブでは、《バイク乗ってみる?》というファンからの唐突な質問に対し、意味ありげな笑顔を浮かべながら《バイクねぇ、ふふふ! まあきっと乗ってるでしょう! 25才までには》と返答した永野。ハーレーにまたがり颯爽と武道館に登場か──彼女の勇姿に期待が膨らむ。

※女性セブン2023年10月12・19日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン