ドリンクは1杯だけで充分。ゆったりと休日と散歩を楽しんでいた(松嶋菜々子と反町隆史夫妻)

都心、大通りから1本入った店でゆったりと休日と散歩を楽しんでいた松嶋菜々子と反町隆史(2023年2月)

 近年、夫婦の仕事面は順調そのものだった。松嶋は2011年の『家政婦のミタ』(日本テレビ系)を皮切りに、ドラマや映画に多数出演。一方の反町も2015年から『相棒』(テレビ朝日系)の“4代目相棒”として、史上最長の7シーズンに出演するなど、それぞれに俳優として盤石なポジションを築いてきた。そんなふたりが、なぜいまになって方針転換したのだろうか。

「2人の娘さんは現在、ともに海外留学中で、帰ってくるのは年に2、3回だそうです。それまでは、“どちらかが仕事をしている期間は、もう一方は育児に専念する”という “代わりばんこルール”でしたが、子育てが一段落したいま、夫婦だけで過ごす時間が増え、よりお互いを支え合おうという気持ちが芽生えたようです」(別の芸能関係者)

 たしかに、本誌『女性セブン』は今年2月の夕暮れ時、都心をブラ散歩するふたりを見かけた。人気のフレンチフライ(フライドポテト)専門店の窓際の席に向かい合ったふたりは、揚げたてのポテトを食べながら、1杯のドリンクに1本のストローを差し交互に飲んでいた。店を出て人気のない路地に入ると、反町はそっと松嶋の肩に手をまわして夫婦水入らずのひとときを楽しんでいた。まるで映画のワンシーンのようだった。

「お子さんの教育に関してのイニシアチブを握っていたのは松嶋さんです。もちろん、子育てのルールや仕事のスケジュールなどは夫婦で話し合って決めたことです。松嶋さんとしては、反町さんに対して、そうした子育てルールに長いことつきあわせてしまい、仕事をセーブさせていた面もある、という思いがあるようです。

『GTOリバイバル』に“冬月先生”が帰ってくれば、話題沸騰は間違いありませんから、松嶋さんとしてもいまこそ、“夫と一緒に!”という思いがあるのかもしれません」(前出・別の芸能関係者)

前作の出演者が複数登場

 スペシャルドラマ特有の事情もある。

「連ドラに比べると全体の尺が圧倒的に短いので、生徒一人ひとりにキャラ付けをして、その上で物語を進めるのが難しいんです。そのため、今回のスペシャルドラマには、前作の出演者が複数登場して盛り上げに一役買うと聞いています」(前出・芸能関係者)

 実は今回の『GTOリバイバル』出演は、反町側からアプローチして実現したという。

「反町さん自身も2人の子供を育てたことで、25年前と現代の高校生が抱える悩みや問題に改めて向き合う意義を感じたそうです。鬼塚のような教師がいたら、子供たちはもっと救われるんじゃないか、そんなメッセージを伝えられるのでは、というのが、今回出演を決めた大きな理由だそうです。

 松嶋さんは『GTO』に限らず、反町さんのあらゆる仕事の応援をしています。彼が自分で出演を決めた理由も理解し、共感したからこそ、夫のために一肌脱ぐことを決意したのではないでしょうか」(前出・別の芸能関係者)

 松嶋の出演について、『GTOリバイバル』を制作するカンテレに問い合わせたが「お問い合わせいただいた件に関して、現状お答えできる内容はございません」という回答だった。画面上で夫婦の姿は見られるか。

※女性セブン2023年10月12・19日号

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
トップアスリートが多い1994年生まれ
《大谷翔平の電撃婚》94年組アスリートの羽生結弦、瀬戸大也、萩野公介、鈴木誠也との相違点は 渡邊雄太の妻・久慈暁子のインスタに「大谷夫婦の登場」の期待も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン