国内

「週刊ポスト」本日発売! 自衛隊「別班」が暗躍した衝撃事件簿ほか

 10月6日発売の「週刊ポスト」は、政界、自衛隊、芸能界、スポーツ界の「裏側」を徹底的に暴く調査スペシャル特大号。ドラマで有名になった自衛隊の秘密情報組織は実在するのか――本誌が直撃した防衛相経験者たちは「知らない」と否定したが、実態を知る多くの関係者が実名でその存在を語った。ジャニーズ「廃業」で未曾有の少年連続レイプ事件はどう決着するのか、岸田首相が手にした極秘選挙情勢調査には何が書かれていたのか、2年連続Bクラスの屈辱を味わい、監督解任に至った原巨人のベンチ裏で起きていた異変とは。そして、全人類が知っておくべき「UFOと宇宙人」の衝撃情報も飛び込んできた。

今週の見どころ読みどころ

◆実在する5つの情報機関と謎に包まれた「別班」が繰り広げる「日本の諜報」全真相
ドラマ『VIVANT』で取り上げられた自衛隊の秘密情報組織「別班」が注目されているが、その存在は非公然で謎とされている。しかし、過去には別班を追った調査報道もあり、その一員とされた人物の証言もある。本誌はそれら文献を精査し、さらに関係する人物を取材して日本の諜報活動の全貌を明らかにした。公安調査庁ほか公に活動する5つの機関がどんな陣容で何をしているのかに加え、別班が暗躍した過去の事件についても新たな事実が判明した。

◆ジャニーズ「廃業」で「藤島家の巨額資産」にのしかかる「遅れてきた相続税」
「スマイルアップ」に社名変更したジャニーズ事務所は、今後は性被害者への補償に専念し、その後に廃業すると決まった。一族の資産を引き継いだ藤島ジュリー景子・前社長は100%保有する同社株などを原資に「法を超えた補償」をしていくと述べている。同氏が継承した資産は1000億円ともそれ以上とも見られているから、たとえ補償額の総額が数百億円に達したとしても十分に支払える……と見られているが、そう簡単にはいかないかもしれない。同氏は2019年に社長に就任した際に「事業継承税制」という仕組みを使って相続税を免除されていたが、今回の退任でそれが無効になり、改めて相続税を支払わなければならなくなったからだ。その額、専門家の試算では800億円以上とも。

◆V9戦士たちが厳しく断罪「原監督は知恵が足りていなかった」
事実上の解任となった巨人監督の原辰徳氏に対し、かつてV9を達成したレジェンドたちが厳しい送別の言葉を贈った。森祇晶氏は昨オフのコーチ陣総入れ替えがチームに不協和音を呼んだ可能性を指摘し、柴田勲氏は岡本和真ら主力選手の起用法に疑問を呈した。そして城之内邦雄氏は優勝した阪神との違いを挙げたうえで、「長期政権のためマンネリ化し、知恵が足りていない」と断じた。そして、新監督に求める「資質」とは?

◆自民党を内部分裂させた「41議席減」の極秘選挙シミュレーション
岸田首相は「増税クソメガネ」というSNSで広がる自身のニックネームがよほど気に食わないらしく、急に減税を匂わせ始めた。しかし、その目的は国民生活の改善ではなく支持率アップと選挙対策であることは簡単に見抜かれている。岸田氏と公明党は解散・総選挙に前のめりになるが、麻生副総裁、茂木幹事長はなかば公然と反対姿勢を示し、党は分裂状態に陥っている。それもそのはず、岸田氏のもとには、とても解散などできないと思わせる党の極秘選挙シミュレーションが届けられていた。

◆もう奇跡とは言わせない! ラグビー日本代表を引っ張る松田力也の右足
プール戦突破をかけた天王山となるアルゼンチン戦を10月8日に控え、ファンと関係者が願いを託すのがバックス司令塔の松田力也だ。ここまで3戦でキック成功率94%という驚異的な数字を残すこの男、実は苦悩と試練を乗り越えてグラウンドに立っていた。大けがをした日に父を亡くし、靱帯断裂でW杯出場も危ぶまれた。その半生とラガーマン魂を追った。

◆電撃再婚した貴乃花に絶縁状態の長男・優一氏が見た「久しぶりの自然な笑顔」
人気も実力も絶大だった貴乃花は、引退後は茨の道を歩んだ。兄・若乃花、母との確執、離婚による家族との別離、そして相撲協会との決別。そんな貴乃花が「初恋の人」と電撃再婚したことで、長男で靴職人の優一氏は本誌に祝辞を述べた。また、確執の続く母・紀子さんも「ホッとしています」と安堵の表情を見せた。

◆朝ドラはどこまで描く? 笠置シヅ子と美空ひばり「ブギウギ歌うな!」騒動の真実
10月スタートのNHK朝ドラは「ブギの女王」と呼ばれた笠置シヅ子を主人公のモデルにした『ブギウギ』だ。戦後の日本に明るい歌声とリズムをもたらし、40代で電撃引退した笠置の人生はドラマにふさわしい華やかで波乱に満ちたものだったが、彼女にまつわるエピソードで有名なのが美空ひばりとの確執だ。笠置はひばりに自分の持ち歌をステージで披露することを禁じたとされるが、その真相はどうだったのか。両者を知る知人や研究者らが忘れられかけている昭和の芸能秘話を掘り起こした。

◆ジャニーズ抜きでは……紅白打ち切り論にNHK前会長「オレずっと言ってるじゃん」
性加害問題を踏まえてNHKは今年の紅白にジャニーズ所属タレントを起用しない可能性を明らかにした。しかし、近年の紅白はジャニーズ頼みで視聴率を維持してきた。前会長の前田晃伸氏を直撃すると、「もう離れちゃったからさ」と言いつつ、持論でもあった紅白改革については、「やめたほうがいいとまでは言わないけど、前からずーっと言ってるじゃん」と、舌も滑らかだった。

◆<カラーグラビア特集>UFOと宇宙人、ついに現わる!
UFOとは「未確認飛行物体」の略称だが、NASA(アメリカ航空宇宙局)では新たにUAP(未確認航空現象)という言葉が使われている。宇宙人の乗り物かどうかは確認できないものの、明らかに人類の知らない航空現象があり、多くの報告があることから本格的な調査が必要になっているのである。その情報が一部公開され、中国も研究に乗り出した。メキシコでは体長60センチの「宇宙人のミイラ」が公開され、その真贋が議論されている。最新の各国事情と衝撃的な画像の数々を紹介する。

◆<15ページ総力特集>薬とワクチン「これが2023年の最新知識」
名医ほど自分が飲む薬には慎重だし、患者にむやみに投薬することはない。進化し続ける医学は、かつてないほど効果の高い薬を生み出す一方、当然の代償として多くの副作用や医療事故を引き起こした。これまで断薬や減薬を検証してきた本誌が満を持してまとめた薬とワクチンの最新知識を一挙公開する。降圧剤の選び方、生活習慣病薬の危ない飲み合わせ、睡眠薬、鎮痛薬、便秘薬の長期服用がもたらす弊害、コロナワクチン、認知症治療薬「レカネマブ」の効果とリスクなど、今こそ知りたい必読の内容が満載。

※全国の書店、コンビニで絶賛発売中!

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン