芸能

【追悼】もんたよしのりさん。西城秀樹さんマネジャーが明かす「アニキと慕い合ったふたり」が『ギャランドゥ』を生み出した夜 

ジャケットと同じ赤い衣装で、ギャランドゥを熱唱する西城秀樹さん。

ジャケットと同じ赤い衣装で、ギャランドゥを熱唱する西城秀樹さん。

 もんたよしのりさんと西城秀樹さん、ちょっと異色の組み合わせにも思えるが、実はふたりはお互い「アニキ」と慕い合う仲だった。

 10月18日、大動脈解離のため72歳で亡くなったもんたよしのりさん。『ダンシング・オールナイト』のほかにも、西城秀樹さんが歌い昭和の名曲となった『ギャランドゥ』(1983年)を作詞・作曲したことでも知られる。

 5年前に亡くなった西城秀樹さんは、もんたさんより4歳年下だったが、1979年には『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』で一世風靡するなど歌謡曲界のトップスターだった。一方、もんたさんは「もんた&ブラザーズ」の『ダンシング・オールナイト』が1980年に大ヒットし、シンガーソングライターとして一躍、注目を浴びるようになっていた。

「ダンシング・オールナイト」は160万枚を超えるミリオンセラーとなった。写真/共同通信社

「ダンシング・オールナイト」は160万枚を超えるミリオンセラーとなった。写真/共同通信社

 ふたりはともに広島県生まれということもあり、親近感をもちながらもお互い気になる存在だったようで、アーティストとしてリスペクトし合っていた、と西城さんのマネジャーであった片方秀幸さんは話す。

「ハスキーボイスでロッド・スチュワートのように渋い大人のロックを歌えるという共通点もふたりにはありました。食事やお酒を飲みに行くこともありましたが、飲み友達というより、音楽で繋がっている時が楽しそうでした」(以下カッコ内、片方さん)

 西城さんの自宅には本格的な音楽スタジオが併設されていて、「遊びに来いよ」ともんたさんを誘っていたそう。当時、西城さんは事務所を独立したばかりで、アイドル時代からのトレードマークだった長髪をカットして、曲も心機一転、新しいものにチャレンジしたいと気合いが入っていた。そこで、もんたさんに曲を作ってほしい、と熱烈にオファーした。

西城秀樹さんといえば、アイドル時代から長髪がトレードマークだったが、この頃、髪をばっさりカット。大人の男のセクシーさが増した。

西城秀樹さんといえば、アイドル時代から長髪がトレードマークだったが、この頃、髪をばっさりカット。大人の男のセクシーさが増した。

 ある日、西城さんのスタジオで、鼻歌のような“でたらめ英語”を歌いながらギターを弾いていたもんたさん。ノリで自然に出てきた言葉が「ギャランドゥ~、ギャランドゥ」だった。

 コードとメロディーが固まってきたら、もんたさんの“でたらめ英語”を日本語に置き換えていく、というのが歌詞をつくる作業だったが、「ギャランドゥ」の部分だけは、どうしてもほかにしっくりくる言葉が見つからなかった。

「おまえに夢中、彼女~」とかいろいろ試してみたが、なんだか決まらない。そこで、もんたさんと西城さんの意見が一致し、「もうこのまま、“ギャランドゥ”でいこうぜ!」となったという。

9月下旬に音楽番組の生放送で、もんたさんも『ギャランドゥ』を熱唱したばかりだった。

9月下旬に音楽番組の生放送で、もんたさんも『ギャランドゥ』を熱唱したばかりだった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
中森明菜は1982年10月、新宿音楽祭で審査員特別奨励賞を受賞。『少女A』でブレイクした最中の受賞だった(写真/女性セブン)
【仕掛人たちが語る聖子vs明菜の分岐点】松田聖子は新しいアイドル像を求めた聖子、アーティストへ舵を切った明菜 1984年という“特異な1年”
週刊ポスト
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
NEWSポストセブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン