国内

【山梨県甲府市夫婦殺害事件】爪を剥ぐためのペンチ、体に針を打つためのホームパンチャーを調達……犯人が用意していた「拷問道具」

甲府地裁

甲府地裁

 山梨県甲府市で2021年10月、同じ高校に通っていた女性の両親である50代の夫婦を殺害し、その住宅に火をつけ全焼させたとして殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた被告の裁判員裁判初公判が10月25日に甲府地裁(三上潤裁判長)で開かれた。

 遠藤裕喜被告(21)は犯行当時19歳。改正少年法では触法行為に及んだ18歳、19歳は「特定少年」とされる。被告は全国で初めて特定少年として起訴後に実名が報じられた。

 スーツ姿に坊主頭、マスクで法廷に現われた遠藤被告は終始うつむき、時折左手でマスクを押さえている。起訴状が読み上げられる間も、顔を上げることなく証言台の前に立ち、うつむき続けていた。裁判長に氏名や住所を尋ねられても、うつむいたまま無言。罪状認否においても、うつむいたまま黙秘した。

 起訴状によれば遠藤被告は2021年10月の深夜、甲府市の住宅に窓ガラスを割って侵入し、住人のAさん(55=当時)、その妻Bさん(50=同)を斧で多数回殴打した上、刃物で複数回刺して殺害。遠藤被告は夫妻の長女・Cさんと同じ高校に通っていたが、次女・Dさんの頭部にも殺意を持って斧を振り下ろし頭部裂傷の傷害を負わせた。その後、住宅を放火し全焼させたとされる。

 無言の遠藤被告に代わり、弁護人が次女Dさんに対しては殺意がなかったとして殺人未遂罪は成立しないこと、また事件当時は心神耗弱状態にあったと主張した。

 この日の公判で引き続き行なわれた検察側・弁護側による冒頭陳述では、事件に至る経緯が明らかになった。事件当時、定時制高校4年生で生徒会長を務めていたという遠藤被告は、同じ高校の後輩であるCさんに、好意を抱いていたのだという。

LINEのブロックをきっかけに……《検察側冒頭陳述概要》

 2021年5月ごろ、学校行事でCさんと話す機会を持った遠藤被告は、Cさんに興味を持った。その後、秋になり友人から「Cが『尊敬してる』と言ってる」と言われたことから、Cさんへの気持ちは好意に変わる。入れ込んでいたアイドルの写真を処分し、Cさんにネックレスをプレゼント。交際を申し込んだが、その場で返事はもらえなかった。LINEのアカウントを交換したいと告げ、これには応じてもらった。

 翌日、Cさんからは「お互いのことを知らない状況で付き合うのは、ごめんなさい」と明確に交際を断わられた。だが、遠藤被告は諦めないどころか、“知ってもらえれば交際してもらえる”と考え、デートに誘いプレゼントをするなど積極的に迫った。Cさんは、遠藤被告に会うたび、プレゼントを渡されたり食事に誘われることに、恐怖を感じるようになった。しかし遠藤被告はCさんとの関係が順調に進んでいると思い込んでいたという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
この国の食卓は「偽物」だらけで埋め尽くされてしまうかもしれない(写真/PIXTA)
牛肉、うなぎ、あさり、鶏肉など…繰り返される「産地偽装」「産地ロンダリング」のカラクリ
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン