芸能

二宮和也、独立の背景にある変化「家族がいちばん。その次が仕事」 上野動物園にノーマスクで家族とお出かけも

家族でドライブを楽しむ二宮。妻は助手席に(2023年5月)

家族でドライブを楽しむ二宮。妻は助手席に(2023年5月)

 10月24日、嵐の二宮和也(40才)がファンクラブの会員サイト内で旧ジャニーズ事務所から独立することを発表した。嵐としての活動は継続していくという。

 その二宮の姿が、東京・上野動物園にあった。周りを囲む木々が少しずつ葉を落とし始め、空が秋らしく澄んでいる。小さな女の子を肩車する二宮の傍らには、ぴったり寄り添うベビーカーを押す妻の姿があった。

「お目当てはジャイアントパンダだったようで、ニノはノーマスク。彼は今年の春からツイッター(現『X』)を始め、家族の存在を匂わせる投稿がチラホラありましたが、一家で堂々と外出するようになるとは……。心境の変化を感じましたね」(居合わせたファン)

 ジャニー喜多川氏の性加害問題でCM契約の更新見送りなどが相次ぐなか、二宮はFCサイトで《1回目の事務所の会見以降、自分の活動にも多くの影響が起き始め、正直な話、僕も怖くなった》と記し、独立を決断した胸中を明かした。

「二宮さんは嵐のメンバーに直接、独立することを伝えたようです。気になるのは11月末で事務所を離れる岡田准一さん(42才)と違い、二宮さんが『退所』という言葉を使っていないこと。嵐の活動は続けるようなので、グループとして事務所とエージェント契約を交わす意向なのかもしれません」(芸能関係者)

 独立の2日後、Xに《朝起きて、まず仕事、問い合わせのメールを確認。今までにない動きで新鮮です》と心境を綴った二宮だが、独立発表前から異変はあったという。

「事務所の後輩3 人と立ち上げたYouTubeチャンネル『ジャにのちゃんねる』の10月4日の動画では、二宮さんが『この4人で会社作った方がいいのか』と独立をほのめかす発言をしていました。事務所を離れてすぐに個人事務所の公式サイトを実姉と制作すると報告したことからも、彼の頭のなかにはずっと独立の二文字があったはずです」(前出・芸能関係者)

 独立を決めた背景には、家族の存在もあったようだ。冒頭の動物園では家族と仲睦まじい様子を隠さなかった。嵐の活動休止後の2021年3月に長女、2022年11月に次女が誕生した二宮は現在、家族と過ごす時間を心から楽しんでいるようだ。

「現在の彼にとって最も重要なものは妻と2人の娘で、本人も『家族がいちばん。その次が仕事』とよく口にしている。人生の優先順位が変わり、家族との時間を大切にしたいからと仕事を選ぶようになった。昔ならあり得なかったけど、いまは家族でサイクリングに出かけることもあるみたいです」(二宮の知人)

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン