芸能

バンドの潤滑油だったHEATHさん急逝で遠のくX JAPAN活動再開 YOSHIKIとToshlは安置室でも“すれ違い”

3人

HEATHさん(右)が亡くなったことでX JAPAN活動再開が遠のく

 活動再開を期待するファンの声が悲鳴に変わった。2018年10月以降、バンドとしての活動がないX JAPANにあって、再稼働のキーマンといわれていたベーシストが急逝したのだ。そして彼の死は、深刻なバンドの現状を浮き彫りにした──。

《身内に不幸があり、自分の判断で急遽日本に戻って来ました》

 X JAPANのYOSHIKIが、喪服姿の写真とともにこうSNSに綴ったのは、11月3日のこと。アメリカでの「栄誉賞授賞式」などの予定を、すべてキャンセルしての緊急帰国だった。向かったのは、東京・新宿区内のとある施設。無言の対面を果たしたのは、X JAPANのベーシスト・HEATHさん(享年55)だった。HEATHさんの知人が明かす。

「今年に入ってから、HEATHさんは体調の優れない日が続いていました。その影響で、今年は夏に開催されたYOSHIKIさんのディナーショーに参加した以外、目立った活動はしていませんでした。秋が近づいても体調は改善しなかった。そこで医師の診療を受けたところ、がんが見つかったんです。

 しかも数か所に転移していて、かなり進行していました。手の施しようがなく、残念ながら、がんの発見からわずかしか経っていない10月下旬までに帰らぬ人となってしまいました。がんを患っていることを、メンバーに知らせる余裕もありませんでした」

 メンバーに届いた突然の訃報は、X JAPANに生じていた亀裂を、強烈に浮かび上がらせた──。

「破壊と創造」を標榜するX JAPANにおいて、HEATHさんは重要な存在だった。1968年に兵庫県尼崎市の音楽一家に生まれたHEATHさんは、家族の影響で幼い頃から楽器を手にし、中学生の頃にはバンド活動を開始。X JAPANへの加入は1992年。もともとのベーシスト、TAIJIさん(享年45)との入れ替わりだった。

「加入当初、HEATHさんは大きなプレッシャーのなかにいました。見た目もよく演奏のテクニックも兼ね備えたTAIJIさんの後任は、HEATHさんでは務まらないという厳しい声が上がっていたんです。ですが、そうした雑音をHEATHさんは実力で黙らせました」(音楽関係者)

 ファンの支持を得たHEATHさんは、メンバーからの信頼も厚かった。2009年、HEATHさんは当時の所属事務所とのトラブルに見舞われ、X JAPANの韓国公演が延期になるという事件が起きた。

「このときトラブルの解決に向けて奔走したのは、YOSHIKIさんでした。彼はHEATHさんを“一緒にいたいと思える仲間”と公言し、その窮地を救ったのです」(前出・音楽関係者)

 一目置いていたのは、Toshl(58才)も同じだった。

「メンバーとはあまり外食しなかったToshlさんですが、HEATHさんとは公演終わりに食事に行くこともありました。個性の強いX JAPANのメンバーのなかで、彼は飄々としていていつも自然体でした。そんな彼との時間が、心地よかったようです」(芸能関係者)

 爆発的な人気を誇り、モンスターバント化していったX JAPANは、やがてメンバー間でのコミュニケーションが希薄になっていった。だがHEATHさんがいれば場が和み、会話があふれた。その彼をもってしても、ここ5年ほどはバンドに鳴り響いていた不協和音を修正できなかった。

関連記事

トピックス

古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
愛子さまの選択はご公務にも影響を与える可能性
【宮内庁の公式インスタグラム】「フォローする・しない」が外交上のトラブルを生む可能性 “誹謗中傷”\\\\\\\\\\\\\\\"いいね至上主義”のリスクも
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
95歳で亡くなった宗田先生
《宗田理さんラストインタビュー》『ぼくらの七日間戦争』は「子ども向けに書いたものではなかった」根底にあった戦争体験と国家への不信感
NEWSポストセブン
(写真/PIXTA)
【紅麹問題で注目される“サプリメントの闇”】すべての製品の有効性・安全性が担保されていない実情、「機能性表示」という仕組みにも問題アリ
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン