ライフ

ヘアメイク歴40年の経験でわかった、あかぬけてる人に共通する「クロスの法則」

ヘアメイク歴40年以上のキャリアから見い出した山本浩未さんの「あかぬける法則」。

ヘアメイク歴40年以上のキャリアから見い出した山本浩未さんの「あかぬける法則」。

 年齢を重ねると、自己流のメイクやファッションに固執してしまい、「今っぽく、あかぬけて」見せることが難しくなる。気を配っているつもりでも、かえって「若づくりがイタい」とか「どこかもっさりしていて残念」となってしまいがちなのだ。

 そんな悩みを打開し、大人な雰囲気を維持しつつ、さらに魅力的に見せるにはどうしたらよいのだろうか。新著『60歳ひとりぐらし 毎日楽しい理由』が話題のヘア&メイクアップアーティスト・山本浩未さんに伺った。

* * *

宝塚歌劇の大ファンを自認するヘア&メイクアップアーティストの山本浩未さんが名付けた「ズカ姫チャート」とは。

宝塚歌劇の大ファンを自認するヘア&メイクアップアーティストの山本浩未さんが名付けた「ズカ姫チャート」とは。

 山本浩未さんは18歳で美容の世界に入ってから、40年以上、ヘア&メイクアップ業界の第一線で活躍し続け、「大人のきれい」のコツを発信している。大人の女性が、自分自身を魅力的に見せる方法を聞いてみると、「まずは自分の顔と雰囲気が、どのタイプかを知ることから始まります」という。

 仕事柄、これまで多くの女性の顔に接してきた山本さんによると、顔立ちは、大きく4つのタイプに分かれるという。そこから、自分の顔立ちと雰囲気を知るために、山本さんが考案したのが『ズカ姫チャート』だ。その見極め方は簡単だ。

「まず、骨格や顔立ちには、年齢とともに、ゴツゴツしてくるタイプと、もったりとたるんでくるタイプがあります。骨格がしっかりしていて目や口などのパーツが直線的、宝塚でいえば男役っぽい顔立ちが“ズカ”系。一方、柔らかな丸みがあり、パーツが曲線的な顔立ちなのが“姫”系。ざっくりでいいので、自分で見極めてみてください」

 ちなみに、“ズカ”と“姫”とは、山本さんが宝塚歌劇の大ファンであることからネーミングしたという。“ズカ”はいわゆるクール系、“姫”は愛され系ともいえる。

「さらに、“シンプル”か“デコラティブ”かを知りましょう。目や口といったパーツが小さく控えめなら“シンプル”、大きくて存在感があるなら“デコラティブ”となります」

 ひと言で言ってしまえば、シンプルは「地味」。塩顔や醤油顔と言われる顔立ちだろうか。デコラティブは「派手」。ソース顔とも言える。

 では、この2軸から自分の顔はどのタイプか診断してみよう。判断基準となるチェックポイントをみて、どの項目が多いかで自分の系統がわかるはず。

このチャートで、自分の顔立ちは4タイプのうちどの系統にあてはまるか、まず確認してみましょう。

このチャートで、自分の顔立ちは4タイプのうちどの系統にあてはまるか、まず確認してみましょう。


60歳ひとりぐらし-毎日楽しい理由-家族がいてもいなくても、自分-ひとりで楽しめるヒント-
Amazonから購入

関連記事

トピックス

中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン