スポーツ

楽天・安樂智大、ナンパでも悪評「嫌がって逃げる女性を執拗につけまわす」「未成年と知っていても飲みに誘う」

安樂智大(時事通信フォト)

「ナンパ」に関する情報も出た安樂智大(時事通信フォト)

 今度はプロ野球界のハラスメントが明るみに出た。宮城・仙台に拠点をおく東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する安樂智大投手(27才)が、後輩選手に対して恒常的にパワハラ行為を働いていたという。

「暴言や人格を否定する発言に加え、食事の誘いを断ると、その日の深夜に何度も電話をかけたりしたこともあったそうです。頭部を平手打ちされて、むち打ちに似た症状を発症した選手もいます。また、逆立ちさせて、下着を脱がせて下半身を露出させ、性器に靴下をかぶせて笑いものにしたりと、とにかく悪質です。チーム内の被害者は10人を超えるとみられています」(スポーツ紙記者)

 安樂は高校野球の名門・済美高校(愛媛)出身。2年生エースとして春のセンバツでチームを準優勝に導き、同年の夏の甲子園にも出場するなど、甲子園のヒーローだった。その実績を引っさげて、高校卒業後即プロ入り。だが、その裏で陰湿ないじめを繰り返していたようだ。

 10月7日に、ある投手が500試合登板を達成したのを記念して行われた写真撮影の場では、安樂が後輩選手を後ろからキックする様子が収められ、いじめが日常的に行われていたことをうかがわせる。小突かれた選手や周囲は苦々しい表情を浮かべているが、対照的なのはそばにいた田中将大投手(35才)が笑顔を浮かべていたことだ。

「安樂は田中のことを兄貴分のように慕っており、頻繁に食事にも行っていた。本来、田中のようなベテラン選手は後輩の手本にならなければいけませんし、いじめ行為などを見かけたら諫めることが求められる立場なのですが……」(前出・スポーツ紙記者)

 スポーツ報知はウェブ版で、前述した「下半身露出」の現場に《田中将も居合わせていたという証言もある》と報じた。だが、安樂の行きすぎた行為はこれだけにとどまらなかった。球団関係者が話す。

「安樂のナンパ癖は有名で、遠征などに行くたびに、宿舎近くで女性に声をかけ、トラブルになることも少なくなかった。春季キャンプなどもそうですが、宿舎近くには“プロ野球選手の追っかけ”のような女性が結構いる。そういった女性の中には、選手から声をかけられると舞い上がってしまう人もいますから、ナンパのハードルが低いと思っていたのかもしれません」

 地方在住の21才の女性Aさんは、2021年8月、北海道・札幌市内にあるコンビニで安樂から声をかけられた。Aさんの友人が明かす。

「最初、Aは安樂さんから声をかけられ、それを嫌がって別のコンビニに逃げたら、そこまで執拗についてきたんだそうです。根負けして連絡先を教えたら、頻繁にメッセージが届くようになりました」

 安樂がAさんに送ったメッセージは次のようなものだ。

《LINEつきあってーな》
《男嫌いやないんや笑笑》
《女の子らしい、格好しないよね?笑笑》

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン