芸能

赤西仁&錦戸亮に“無礼”な質問、山下智久はエキストラ扱い…中国SNSコラボでの「日本ではありえない」大誤算

生配信イベントに登場した錦戸(左)と赤西(右)

生配信イベントに登場した錦戸(左)と赤西(右)

「赤西さんの彼女にはなれますか?」「錦戸さんはヒゲを剃らないのですか?」。こんな質問は日本ではあり得ない──そう心の中で呟いていたのではないか。11月20日、中国のSNS「ウェイボー(微博)」で行われた生配信イベントに、元KAT-TUNの赤西仁(39才)と元関ジャニ∞の錦戸亮(39才)が登場。中国の視聴者から寄せられたフランクな質問に、さすがの2人も苦笑いを浮かべるしかなかったようだ。

「イベントは、イヤホンブランドの提供によるものでした。約50分の動画内でおふたりはイヤホンをPRしていましたが、中国人の司会者が読み上げるユーザーからの質問には終始戸惑っている様子で、赤西さんが『パスで』と不機嫌に回答を拒否する一幕も。日本の芸能人が中国のSNS上のイベントに参加する場合、中国のPR企業が仲介することになるのですが、日本の芸能界の慣例に無知なことが多く、こうした“無礼”も少なくありません」(中国在住ジャーナリスト)

 ちなみにこの動画の視聴者数は生配信後に再生されたものも含め、6万2000回ほど(11月28日現在)。日本での彼らの人気ぶりを考えると、意外な少なさである。

 こうした中国での扱いの“被害者”がもうひとりいた。中国でも絶大な人気を誇る山下智久(38才)だ。11月17日、中国版インスタグラムともいわれる『小紅書(通称RED)』に投稿されたのは、《山下智久が我が家に来てご飯を食べたよ》と題された動画である。

「大家好!(みなさんこんにちは)」

 冒頭、そう中国語で挨拶した山下。しかしその後は、動画配信者である中国人女性が飲み食いするシーンが続く。たまに隅の方で食事をしている山下が映り込むことがあるが、この動画の主人公は中国人女性で、全編2分20秒の動画の中で山下が映っているのはわずか20秒程度だった。

 彼女は今年の9月にも、《山下智久がうちに来て一緒に食事》というタイトルの1分ほどの動画を配信しているが、そこでも、テーブルの隅に座った山下が、配信者からスイーツをすすめられる5秒ほどの一幕があるだけ。まるで“エキストラ扱い”だった。

「山下さんのことを“トモ”と呼ぶこの女性は40代の美食家インフルエンサーです。ただ、彼女のアカウントのフォロワー数は3万7000人程度。日本のインスタの約8倍に相当する、2.6億人の月間利用者数を誇る小紅書においては零細アカウントにすぎない。

 ユーザーの70%が1990年代生まれの女性という小紅書は、20代や30代の女性をターゲットにするビジネスツールとしても注目されており、日本の芸能人にも利用価値がありますが、それでもなぜ露出先が彼女だったのか、ファンの間では不思議がられています。“山下さんが中国のインフルエンサーに利用された”などと怒るファンもいるほどです」(前出・中国在住ジャーナリスト)

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン