国内

「息子の尿をコンドームに入れて隠し持ち、任意提出した」覚醒剤所持で有罪判決を受け、子供をネグレクト状態に置いていた母親の言い分

女児が転落したとされたジャングルジム

女児が転落したとされたジャングルジム

 2021年8月、滋賀県大津市の公園内に意識不明の状態で倒れていた小学1年生の女児(6=当時)が病院搬送後に死亡した事件。女児は当時17歳だった兄と母親との3人暮らしで、兄は「ジャングルジムから妹が落ちた」と近隣住民に助けを求めていた。

 ところがその後の司法解剖などの結果により、女児は兄から腹や背中、そして顔などを蹴られるなどの暴力を受け、外傷性ショックで死亡したことが判明する。女児の遺体は内臓の一部が破裂し、骨折もみられた。こうした経緯によって兄は傷害致死容疑で逮捕されたが、同年9月、大津家裁は兄を保護処分とし、第1種少年院への送致を決定した。複雑な家庭環境やネグレクトが考慮された結果だった。

 母親は複数回の結婚を経て、4人の子供を産んでいた。そのうちのふたりが今回の兄妹だ。兄妹は幼い頃から別々の施設で育ち、事件の数ヶ月前に3人暮らしを開始したばかりだったが、2021年7月ごろから母親が家に帰らない日が増え、さらに女児死亡までの7日間にわたり母親は家に帰ってこなかった。児童相談所等の公的機関も兄妹がネグレクト状態に置かれていることを認識しながら一時保護等の措置も取られることなく、兄は一人で家事や妹の世話をすることを余儀なくされていたという。

 一方の母親は、兄妹の事件直後の2021年8月4日、県警が家宅捜索した際に自宅から違法薬物や注射器などが見つかったことから逮捕。大麻やケタミン、覚醒剤を所持したほか、ケタミンを使用したとする麻薬取締法違反や覚醒剤取締法違反、大麻取締法違反で起訴されていた。これら違法薬物は自分のものではないと母親は法廷で無罪を主張していたが、2022年12月、大津地裁は懲役2年4ヶ月の実刑判決を言い渡す。母親はこれを不服として控訴し、大阪高裁で控訴審が開かれていた。この控訴審でも一審同様、母親は無罪を訴えていたが、その証言から意外な人間関係が明かされた。

 まず一審・大津地裁で母親は違法薬物の使用について、妹に対する暴行死で少年院送致となった兄の尿を「コンドームに入れて隠し持ち、任意提出した」と証言。兄の尿を検査したことで陽性反応が出たと主張していた。自宅に違法薬物があったのは「娘(妹)の死後に友人からもらった」ためだという。だが一審では、主張はいずれも認められず、母親が薬物を所持し、使用したと判決で認定した。

 二審・大阪高裁の法廷で母親は、自宅から見つかった違法薬物について、当時自宅に出入りしていた複数の男性のものであると主張していた。そのひとりが、母親の現在の夫だ。「覚醒剤は自分のものである」と証言している夫の調書が存在するのだという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン