国内

【衝撃の法廷レポ】頂き女子りりちゃん「5000万以上いただいてるおぢ」との証拠LINEと4000万円貢いだホストの意外な現在

「りりちゃん」こと渡辺真衣被告

「りりちゃん」こと渡辺真衣被告(YouTubeより)

“頂き女子りりちゃん”を名乗り、男性から金銭を騙し取る方法をまとめた「マニュアル」の販売による詐欺幇助容疑などで今年8月に逮捕され、その後、起訴された渡辺真衣被告(25才)。渡辺被告が騙し取った総額は約2億円にものぼり、その大半がホストに流れていたことが明らかになっている。11月に開かれた初公判に続き、12月6日に行われた2回目の公判の様子を歌舞伎町の住人を取材した『ホス狂い~歌舞伎町ネバーランドで女たちは今日も踊る~』の著書があるノンフィクションライターの宇都宮直子氏がリポートする。

 * * *

 当日の朝、公判が行われる名古屋地裁前には傍聴券を求める長い列ができていた。世間の耳目を集める事件の公判はテレビ局員や新聞記者、そして筆者のようなフリーランスの記者などメディア関係者でごった返すのが常だが、今回はどうも様子が違う。

「おっ!今日もいつも見た顔ばかりじゃないか」と談笑する「傍聴マニア」らしきシニアグループたちや、「女性がお金を騙し取る事件って言えば、筧千佐子を思い出すのよね……」とひたすら女性の起こした事件について語り続ける「事件マニア」的な中年女性といった明らかにマスコミ関係者ではない“一般人”が目につく。とりわけ目立っていたのはフリルのついたシャツにミニスカートを着て明るい髪色をしたいわゆる“地雷ファッション”に身を包んだ、およそ法廷には似つかわしくないような渡辺被告と同年代の女のコたち。

 その中のひとりが「当たった!当たった!」と歓声を上げると地裁前は何とも言えない雰囲気に包まれた。彼女たちは「りりちゃん」のファンのようだった。

 X(旧Twitter)やYouTubeなどで「頂き女子」と自称して「おぢ」と呼ぶ年上の男性たちから多額の金銭を詐取するための情報商材である“恋愛マニュアル”を販売し、また自らもそのマニュアルを駆使して荒稼ぎしていた渡辺被告は、パパ活女子や金欠に悩むホス狂いたちの間で神格化されており、今回逮捕に至ったのも、実際にマニュアルを購入した名古屋市在住の女子大生(21才)が男性2人から1000万円をだまし取った事件がきっかけだった。

 筆者が3年前、コロナ禍まっただ中の歌舞伎町に住み、ホス狂いの女のコたちを取材している頃も「私、りりちゃんと繋がっているから……」と誇らしげに話すコや、彼女に感化されて「どこかにいい“おぢ”、いないですかね?」と聞いてくる「りりちゃんフォロワー」に数多く遭遇している。確かに当時、取材のためにホス狂いやパパ活女子のSNSを片っ端から読んでいる中でも、担当ホストにありったけのお金を注ぎ込みながら“おぢ”たちに数千万円を振り込んでもらう怒濤の日々を、自虐する訳でも自慢する訳でもなくせっせと綴り、フォロワーからの相談に真摯に答える「りりちゃん」のSNSは独特の魅力があった。

 特に印象的だったのはホストクラブで豪遊する自らの姿や、大量の札束の画像に紛れこませるようにしてポツリと投稿された「誰も知らない、わたしだけの物語」という呟きだ。なにか非常に異質に感じられ、当時の私に強烈な印象を残していた。

 しかし歌舞伎町で有り金を使い果たした末に自殺未遂や殺人未遂を起こし、行方が分からなくなるホス狂いたちを数え切れないほど見てきた筆者は、それと同じくらい「危うさ」も感じていた。いつか終わりが来るだろうと。《はやく捕まえてほしいと思う》──怒濤の投稿に隠れるようにしてそんな風にたびたびSNSに綴っていた彼女こそ、それを一番強く感じていたのかもしれない。実際に捕まってしまったいま、渡辺被告は何を思うのか。

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン