国内

【衝撃の法廷レポ】頂き女子りりちゃん「5000万以上いただいてるおぢ」との証拠LINEと4000万円貢いだホストの意外な現在

「りりちゃん」こと渡辺真衣被告

「りりちゃん」こと渡辺真衣被告(YouTubeより)

“頂き女子りりちゃん”を名乗り、男性から金銭を騙し取る方法をまとめた「マニュアル」の販売による詐欺幇助容疑などで今年8月に逮捕され、その後、起訴された渡辺真衣被告(25才)。渡辺被告が騙し取った総額は約2億円にものぼり、その大半がホストに流れていたことが明らかになっている。11月に開かれた初公判に続き、12月6日に行われた2回目の公判の様子を歌舞伎町の住人を取材した『ホス狂い~歌舞伎町ネバーランドで女たちは今日も踊る~』の著書があるノンフィクションライターの宇都宮直子氏がリポートする。

 * * *

 当日の朝、公判が行われる名古屋地裁前には傍聴券を求める長い列ができていた。世間の耳目を集める事件の公判はテレビ局員や新聞記者、そして筆者のようなフリーランスの記者などメディア関係者でごった返すのが常だが、今回はどうも様子が違う。

「おっ!今日もいつも見た顔ばかりじゃないか」と談笑する「傍聴マニア」らしきシニアグループたちや、「女性がお金を騙し取る事件って言えば、筧千佐子を思い出すのよね……」とひたすら女性の起こした事件について語り続ける「事件マニア」的な中年女性といった明らかにマスコミ関係者ではない“一般人”が目につく。とりわけ目立っていたのはフリルのついたシャツにミニスカートを着て明るい髪色をしたいわゆる“地雷ファッション”に身を包んだ、およそ法廷には似つかわしくないような渡辺被告と同年代の女のコたち。

 その中のひとりが「当たった!当たった!」と歓声を上げると地裁前は何とも言えない雰囲気に包まれた。彼女たちは「りりちゃん」のファンのようだった。

 X(旧Twitter)やYouTubeなどで「頂き女子」と自称して「おぢ」と呼ぶ年上の男性たちから多額の金銭を詐取するための情報商材である“恋愛マニュアル”を販売し、また自らもそのマニュアルを駆使して荒稼ぎしていた渡辺被告は、パパ活女子や金欠に悩むホス狂いたちの間で神格化されており、今回逮捕に至ったのも、実際にマニュアルを購入した名古屋市在住の女子大生(21才)が男性2人から1000万円をだまし取った事件がきっかけだった。

 筆者が3年前、コロナ禍まっただ中の歌舞伎町に住み、ホス狂いの女のコたちを取材している頃も「私、りりちゃんと繋がっているから……」と誇らしげに話すコや、彼女に感化されて「どこかにいい“おぢ”、いないですかね?」と聞いてくる「りりちゃんフォロワー」に数多く遭遇している。確かに当時、取材のためにホス狂いやパパ活女子のSNSを片っ端から読んでいる中でも、担当ホストにありったけのお金を注ぎ込みながら“おぢ”たちに数千万円を振り込んでもらう怒濤の日々を、自虐する訳でも自慢する訳でもなくせっせと綴り、フォロワーからの相談に真摯に答える「りりちゃん」のSNSは独特の魅力があった。

 特に印象的だったのはホストクラブで豪遊する自らの姿や、大量の札束の画像に紛れこませるようにしてポツリと投稿された「誰も知らない、わたしだけの物語」という呟きだ。なにか非常に異質に感じられ、当時の私に強烈な印象を残していた。

 しかし歌舞伎町で有り金を使い果たした末に自殺未遂や殺人未遂を起こし、行方が分からなくなるホス狂いたちを数え切れないほど見てきた筆者は、それと同じくらい「危うさ」も感じていた。いつか終わりが来るだろうと。《はやく捕まえてほしいと思う》──怒濤の投稿に隠れるようにしてそんな風にたびたびSNSに綴っていた彼女こそ、それを一番強く感じていたのかもしれない。実際に捕まってしまったいま、渡辺被告は何を思うのか。

関連記事

トピックス

眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
岸田文雄・首相がもくろむ「6月解散、7月総選挙」のシナリオとは(時事通信フォト)
岸田首相が突き進む、本気の「6月解散、7月総選挙」戦略 定額減税、夏のボーナス増額、株価高値更新で“布石”が揃う
週刊ポスト
TARAKO
【さくらももこさんとTARAKOさん】『ちびまる子ちゃん』の“生みの親”と“育ての親” 家族構成も生い立ちもそっくり、まる子が繋いだ不思議な縁
女性セブン
貴乃花、若乃花、曙
《誰も相撲界に残らず》曙太郎さん死去 「若貴」との“同期3横綱”が全員、角界を去らなければならなかった本当の理由
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン