芸能

「枕元にスーツ常備」「披露宴の司会中に呼び出し」 吉川美代子×渡辺真理×木村郁美が語る局アナ時代の激務

いつ呼び出されてもいいようスーツを枕元に置いて寝ていたという吉川美代子アナ

当時はいつ呼び出されてもいいようスーツを枕元に置いて寝ていたという吉川美代子アナ

『news23』『サンデーモーニング』『報道特集』……「報道のTBS」という看板を背負うテレビ局で、アナウンサーを務めてきた吉川美代子さん、渡辺真理さん、木村郁美さんの3人が集結。当時の思い出を語る。【全3回の第2回。第1回から読む

 * * *
吉川:私のキャスター時代前半は、何かあるとポケベルで呼び出し。特に昭和天皇が崩御される前の何か月かは「休みでもポケベルが鳴ってから2時間以内で駆け付けられるように」なんて言われていましたね。

 もっとも覚えているのは湾岸戦争の“砂漠の嵐作戦”という地上戦が始まった時。私、同期の政治部記者の結婚披露宴の司会をしていたんです。1時間ほど過ぎたところで来賓の官邸関係者が次々と呼び出されて居なくなった。何かあったんだなと思っていたら私にも「特番やるから、すぐに来い」と連絡が入って。招待客の中に有力政治家のベテラン秘書の女性がいらしたので“仕切りも慣れているだろう”とバトンタッチして局へ飛んでいきました。

渡辺:そんなことがあったんですね。

吉川:私はいつ呼び出されてもいいように、必ずチャコールグレーや黒に近いスーツを枕元に置いて寝ていましたが、まさか披露宴の最中とは(笑)。

──アナウンサーは社歴を重ねると、様々な業務を課せられますけれど、アナウンサー志望の学生の採用も担当しますよね。

吉川:やりましたよ~。真理ちゃんのことも郁美ちゃんのことも一次面接の時から『この子だ!』と確信してずっと気にかけていました。当時は1人とか2人とかの採用に対し、2500名ほどの学生が押しかけてきた時代。朝から晩まで面接をしている中で、2人は目の輝きや笑顔が図抜けていたんです。

渡辺:面接官が吉川さんでなければ受かってなかったかも。面接ブース正面に、ビビッドなジャケットを肩から羽織った姿、忘れないです!

吉川:私の時は9年ぶりの女性アナウンサーだったということもあって、カメラテストとは別に音声テストもじっくり30分ぐらいありました。“声の好感度”というのもあるんですよ。ただ、1988年以降、いわゆる“女子アナブーム”とか“アナドルブーム”が起きて、人事から「華のある人を選んでくれ」と言われました。まぁ、その意味でも真理ちゃんや郁美ちゃんは申し分ないんですけれどね。

渡辺:いやいや~、吉川さんが入社された頃の写真を拝見してますけど、それはキラッキラですよ。

木村:先日もネットニュースでセーラー服をお召しの画像を見せていただきましたけれど、全く違和感ナシでした。記事に「TBSの松坂慶子」って書いてありましたよ。

吉川:違うわよ、当時ラジオ番組でご一緒していた大沢悠里さんからは「TBSの松阪牛」って毎週言われてたんだから。

渡辺・木村:(爆笑)

第3回へ続く

【プロフィール】
吉川美代子(よしかわ・みよこ)/1954年5月8日生まれ。1977年、TBSに入社。『JNNおはようニュース&スポーツ』で初の女性キャスターとして活躍した。またTBSアナウンススクールの校長を12年間務めており、後進の育成にも奔走。

渡辺真理(わたなべ・まり)/1967年6月27日生まれ。1990年、TBSに入社。2年目にして『モーニングEye』を担当し、1996年には『筑紫哲也 NEWS23』を担当。

木村郁美(きむら・いくみ)/1973年1月19日生まれ。1996年、TBSに入社。『はなまるマーケット』や『チューボーですよ!』などに出演しつつ、『JNNフラッシュニュース』などでニュースにも携わる。

司会・構成/山田美保子(放送作家) 撮影/平野哲郎

※週刊ポスト2023年12月22日号

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン