芸能

【元TBSアナ座談会】「江藤愛アナは本当に頑張っている」「皆川玲奈アナは優秀」 後輩アナたちへの高評価

現役のTBSの女性アナをどう見ている?(渡辺真理アナ)

現役のTBSの女性アナをどう見ている?(渡辺真理アナ)

『news23』『サンデーモーニング』『報道特集』……「報道のTBS」という看板を背負うテレビ局で、アナウンサーを務めてきた吉川美代子さん、渡辺真理さん、木村郁美さんの3人が集結。現役のTBSの女性アナについて語る。【全3回の第3回。第1回から読む

 * * *
木村:大沢悠里さんや久米宏さん、生島ヒロシさんのような男性のアナウンサーの先輩方を含めて「指導が厳しいTBS」で、アナウンスのトレーニングを受けてきたお陰で、今があることは間違いありません。

渡辺:今でもナレーションの時など、傍らに「アクセント辞典」を置きながら臨んでいますけど、本当に間違っていないかな? と迷うと、吉川さんに確かめたくなります。

吉川:仕事以外のことで時々フリーになった後輩たちから電話やメールが来ることもあります。田中みな実も現役時代より今のほうが話す機会があるかも。

──後輩のTBSアナウンサーに気になる方はいらっしゃいますか?

吉川:江藤愛アナは本当に頑張っていると思います。田中みな実と同期だったので、入社当時は彼女ばかりに仕事が集中して、何かと比べられて悩んだ時もあったと思いますけれど、今は伸び伸び楽しそうにやっていますよね。ただ『世界陸上』の頃は、「大丈夫かしら」「彼女に仕事が集中しすぎて過労気味では」と少し心配になりました。それから『ひるおび』の皆川玲奈アナは優秀だなと思いますね。『news23』の山本恵里伽アナも安定感があり、現場中継も上手です。

木村:『Nスタ』に加わった日比麻音子アナもしっかりしていますよね。硬軟どちらのニュースも安心して聞いていられます。

──優秀な後輩が大勢いらっしゃる。他局から引き抜くのではなく自局のアナウンサーをもっと起用してほしいですね。

吉川:おっしゃるとおりです! 『週刊ポスト』の読者の皆さん、これからもTBSの女性アナウンサーをどうかよろしくお願いします!

【プロフィール】
吉川美代子(よしかわ・みよこ)/1954年5月8日生まれ。1977年、TBSに入社。『JNNおはようニュース&スポーツ』で初の女性キャスターとして活躍した。またTBSアナウンススクールの校長を12年間務めており、後進の育成にも奔走。

渡辺真理(わたなべ・まり)/1967年6月27日生まれ。1990年、TBSに入社。2年目にして『モーニングEye』を担当し、1996年には『筑紫哲也 NEWS23』を担当。

木村郁美(きむら・いくみ)/1973年1月19日生まれ。1996年、TBSに入社。『はなまるマーケット』や『チューボーですよ!』などに出演しつつ、『JNNフラッシュニュース』などでニュースにも携わる。

司会・構成/山田美保子(放送作家) 撮影/平野哲郎

※週刊ポスト2023年12月22日号

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン