芸能

小林旭が語る“昭和の映画界とヤクザ”「役者としても本物から学ぶところが多かった」「不良性を排除して、リアルな映画が撮れるわけない」

なぜ表舞台から距離を置いたのか

昭和の映画界ではヤクザは身近な存在だったと振り返る

『仁義なき戦い』や『渡り鳥』シリーズで知られる銀幕スター・小林旭(85)。昭和の映画界に生きた俳優は当時、“本物”からも役者としてのヒントを得ていた。当時の交友関係、現在のヤクザ映画への思いなどを小林が語る。【全4回の第3回。第1回から読む

 * * *
 現代社会じゃヤクザとの交際なんて論外だろう。でも昭和の映画界ではヤクザは身近な存在だった。

 芸能プロダクション「神戸芸能社」を率いた山口組三代目の田岡一雄組長からは「旭ちゃん、ヤクザは極道。極道ってのは道を極めるんだ」と教えられて、その言葉の重みに唸ったもんだ。

 俺は後藤組の後藤忠政組長のゴルフコンペに参加して騒動になった。六代目山口組の関係者とも人間と人間の付き合いはできる。

 あの世界で上に上がる人は器が違うんだよ。何百人、何千人の若い衆を抱えて一家を構えるんだから、堪えることを知っていて懐が深い。並の神経じゃ務まらない商売だ。

 役者としても本物から学ぶことは多かった。『仁義なき戦い』の撮影前には、政治結社「共政会」の二代目会長・服部武さんと銀座で飲み食いさせてもらった。俺が演じた武田明のモデルになった人物だ。あまりにしつこく俺が質問するから若い衆が怒りだして、「おいコラ! 何しとんのや!」と怒鳴るのを、親方が「いいから、いいから」とたしなめてくれたのを覚えている。

 服部さんは広島のヤクザをまとめようとした。貫録があって、ヤクザたるものこうでなきゃいかんという気概に溢れていた。ずいぶん役作りの参考にさせてもらった。

 彼から学んだことを少しでも表現しようと努力した結果が、スクリーンに映る武田明になった。主演の菅原文太より俺のほうが目立ったのは服部さんのおかげだよ。

 映画にしたい大物もいるんだけど、桜田門一家(警視庁)の連中が待ったをかけてくる。

 東映で『民暴の帝王』(1993年)を撮影した時も、実際のヤクザのエピソードを入れようとしたら、「東映は銀行付き合いができなくなるぞ」と桜田門一家のマル暴が横やりを入れてきた。岡田茂社長(当時)は「旭ちゃん、警察がこんなこと言ってくるんだ。仕方ないから少し話を変えたよ」とボヤいていた。

 本物のヤクザは表に出たら7人の敵がいて、いつ命を狙われるかわからない。仁義うんぬんの前に、生きるか死ぬかを常に抱えている商売だから、伸び伸びと生活するなんてことはなく、いつも気を張っている。

 その研ぎ澄まされた空気感を体現できる俳優が今はいない。チンピラの真似事をしているだけで、本当のヤクザを表現しきれていないんだ。

 だから最近のヤクザ映画は観ていないし、観る気もしない。不良性を全て排除して、リアルなヤクザ映画が撮れるわけがないんだよ。

(第4回に続く。第1回から読む

※週刊ポスト2024年1月12・19日号

関連記事

トピックス

家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン