芸能

新井恵理那、弘中綾香、加藤綾子……女性アナウンサーはなぜ結婚相手に「一般男性」を選ぶようになったのか

新井恵理那アナ。結婚発表時にはSNSでショックを受ける声が相次いだ(時事通信フォト)

新井恵理那アナ。結婚発表時にはSNSでショックを受ける声が相次いだ(時事通信フォト)

 2023年4月に一般男性との結婚と妊娠を報告していた人気アナウンサーの新井恵理那アナ(34)。その結婚相手が、有名製薬会社の御曹司だったことが週刊ポストの取材でわかった。

「結婚相手のAさんは、有名製薬会社の御曹司です。慶應大学出身で、卒業後はインターネット関連サービスを提供する有名企業に就職。2020年から父が社長を勤めるこの製薬会社に転職しています。これまではすでに同社で勤務していたAさんの兄がメディアに出ることが多かった。ですが、入社後は30代前半の若さでマーケティングの責任者を務めている。今後は表に出ることもあるのではないか」(同前)

 同社は一族経営として知られ、会社の時価総額は150億円を超えている。直近の有価証券報告書を見ると、Aさんも『大株主の欄』に名前があり数億円分の株式を保有していることが確認できる。

 昨年4月の結婚報告の際、MCを務める『グッド!モーニング』で特集が組まれている。そこで新井アナはAさんについて1個下の大阪出身と明かし、「好きなアニメの話で意気投合するなど、わたしは出会ったときから長年の友人のような印象を抱いており、純真な彼の人柄に惚れ込んでおります」と語っていた。Aさんはもちろん一般男性には違いないのだが、こうした生い立ちを知ると、「またか……」という感情を抱く人も少なくはないだろう。

 女性アナウンサーと「一般男性」の結婚は新井アナに限った話ではなく、近年のトレンドでもある。

 元フジの「カトパン」こと加藤綾子アナ(38)も2021年6月に「一般男性」との結婚を発表したが、その後、年商2000億円のスーパーマーケット経営者と判明。このスーパーの2023年の年商は3400億円超にまで急拡大している。

 テレビ朝日の若手エース・弘中綾香アナ(32)も2022年9月に「一般男性」と結婚を発表。かつてONE OK ROCKのリーダーToruとの交際が報じられ、男性タレントからも人気だった弘中アナだったが、結婚相手に選んだのは「一般男性」。SNSで若い世代から「弘中アナと結婚できる一般男性なんていないだろ」という声も上がっていたが、総資産30億円超のベンチャー企業のイケメン社長と判明。

 ほかにも元テレビ朝日の竹内由恵アナ(37)や元TBSの吉田明世アナ(35)もそれぞれ結婚相手は「一般男性」だったが、それぞれ医師と大手広告代理店社員だということが報じられている。

 一昔前は女性アナウンサーの結婚相手といえば野球選手や人気タレントといった著名人が主流だったが、なぜこうした変化が生じているのか。キー局プロデューサーはこう分析する。

「いまの女性アナウンサーが結婚相手に求めるのは年収やルックスも大事ですが、それ以上に家庭環境、生育環境が近いことを重要視しているように感じます。とくにキー局の女性アナウンサーは“良家のお嬢様”が多く、幼稚園受験、中学受験が当たり前。留学経験も珍しくない。そのため男性の交友関係も同様の家庭環境で育った人ばかりで、しっかりとした家系のエリートが多い。スポーツ選手やタレントも人気がなくなったわけではないのですが、結婚相手となると似たような家庭環境の男性を選ぶ人が増えています。もちろん一般人であれば私人扱いになるのでマスコミが触れにくいということもあります」

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン