芸能

【全文公開】Sexy Zone中島健人と歌手・鷲尾伶菜が交際 「国内外を旅してデート」「同じブランドの服を貸し借り」…極秘愛のすべて

海外旅行なども楽しんでいる中島健人の交際秘話とは

海外旅行なども楽しんでいる中島健人・鷲尾伶菜の交際

 みんなの王子様・中島健人(29才)がプライベートで優しい眼差しを向けていたのは、たったひとりの女性だった。奇しくも同タイミングで新しい未来を切り開こうとするふたりが育んだ極秘愛のすべて──。

「天性のアイドル」の名をほしいままにした彼の決断に、多くのファンが衝撃に包まれた。

 1月8日、アイドルグループ「Sexy Zone」の中島健人が3月末でグループを卒業すると発表した。

 彼の心が揺れ始めたのは、昨年の夏頃からだという。

「その頃、メンバーで今後のビジョンについて話し合いを重ねていました。その中で中島さんはグループとしての方向性、自分の目指したいアイドル像、そしてひとりの人間としての幸せを天秤にかけて、なんとか答えを出そうと、もがいていたように見えました」(中島の知人)

 周囲に度々「30才の節目で新たなことに挑戦したい」と語っていたという中島が、グループ卒業を宣言する直前、ひとりの歌姫が人生の重大な決断を発表した。

 まるで示し合わせたかのようなタイミングだった──。

 イタリア・ローマ市内の北西部にあるバチカン市国。世界最小の独立国で、国自体が世界遺産に登録される。

 昨年のゴールデンウイークが始まる少し前、この国をある日本人カップルが訪れた。元E-girlsのメインボーカルで、現在はソロシンガーとして活動する鷲尾伶菜(29才)と中島だった。

 キリスト教の建築物として世界最大であるサン・ピエトロ大聖堂。16世紀にミケランジェロが巨大な壁画「最後の審判」を描いたシスティーナ礼拝堂。バチカン宮殿にあり、多くのフレスコ画が飾られるラファエロの間──歴史と宗教と芸術が入り交じる「聖都」をふたりは駆け足で回った。

「中島さんは土地勘があるようで、慣れた様子で女性をエスコートしていました。バチカンの美しい建築物や絵画、街並みを彼女と一緒に歩けることがうれしくてたまらないようで、終始こぼれるような笑みを見せていました。

 神聖な雰囲気のなか、愛を誓うカップルが多いですが、彼らは何を誓ったのでしょうか」(居合わせた観光客)

 日本から同じ直行便で向かったふたりは3泊5日の強行日程でイタリア旅行を満喫し、中島の仕事のために名残惜しそうに現地で解散。別々の飛行機で帰国したのだった。

 中島の多忙さはデビュー当時から変わらない。2011年9月に菊池風磨(28才)、佐藤勝利(27才)、松島聡(26才)、マリウス葉(23才)とともにSexy Zoneを結成し、同年11月にCDデビュー。その後、全国ツアーやNHK紅白歌合戦出場など実績を重ね、2022年に初のドームツアーを敢行した。

 ケンティーの愛称で親しまれる中島は「セクシーサンキュー!」の決めぜりふでファンをお姫様扱いし、“王子様にいちばん近いアイドル”の異名を持つ。デビュー間もない頃に自身の冠番組が始まるなど、ほかのメンバーに先がけ露出を増やしていった。近年では俳優としての活躍も目覚ましく、映画『ラーゲリより愛を込めて』(2022年)での熱演は話題を呼んだ。さらに、年内に配信が予定されているドラマ『Concordia』では海外ドラマデビュー。2022年秋にはイタリア・ローマで行われた長期撮影に参加した。

 いつも明るい王子様としてファンに夢を与え続けてきたが、ここ数年は「異変が見られた」と話すのは、あるアイドル誌の編集者だ。

「中島さんのファンは“リアルに彼に恋している”女性が多く、それを彼も理解している。それ故、中島さんはこれまで結婚や恋愛について、ファンたちを刺激しないよう現実離れした妄想を語ってきました。ところがここ数年でスタイルが変わり、リアリティーのある結婚観や自身の恋愛について語ることが増えたのです」

 実際中島は、ファッション誌『MORE』(2021年7月号)のインタビューで結婚についてこう語っている。

《いつか愛する人と共に人生を歩みたい。結婚願望はあります》

関連キーワード

関連記事

トピックス

田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
この国の食卓は「偽物」だらけで埋め尽くされてしまうかもしれない(写真/PIXTA)
牛肉、うなぎ、あさり、鶏肉など…繰り返される「産地偽装」「産地ロンダリング」のカラクリ
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン