ライフ

専門家が解説、ポーチに詰めて持っておきたい「命を守る12の防災グッズ」 避難時の精神的ストレスを軽減にも

防災ポーチ

防災ポーチに入れておきたい必需品は

 発災後の72時間は人命救助のタイムリミット。生き埋めになった人などの救助を最優先するために、ひとりひとりが普段から防災・自衛の意識を高めておく必要がある。今回の大震災で改めて必要と感じた「災害の初期を乗り切る」ための準備をプロに聞いた。

 能登半島地震の発生後、行政の要請で現地に赴いた防災アドバイザーの岡部梨恵子氏。現地を見て特に被災者の健康状態が気になったという。

「寒い避難所は非常に過酷です。特に屋外の仮設トイレは、くさい、汚いという理由でがまんしてしまうかたも多い。すると、エコノミークラス症候群や水を飲まず脱水症状を引き起こし、最悪死に至るケースもあります。2016年の熊本地震では、発災後の避難生活などで命を落とすかたがたが、直接死亡した数の4倍以上でした」

 とはいえ、何から始めていいかわからないという人に岡部氏が推奨するのは、「防災ポーチ」を用意しておくことだ。72時間をしのぐための第一歩として、最低限の防災グッズを詰めたものである。

「もちろん自宅での備蓄なども必要ですが、どこで被災するかわからない現代、災害の初期を乗り切るために防災グッズを携行したいものです。今回紹介するものは、においや音、光に敏感な現代人の特性にも対応しており、避難時の肉体的・精神的なストレスも軽減できます。持つことで心の安定にもつながりますよ」

 災害の初期を乗り切るための準備をしておけば、自分の命だけではなく、人命救助に優先的に人員を割くことができ、多くの命を救うことにつながるのだ。

避難所での様子。寒さに加え、見知らぬ人たちとの雑魚寝やトイレが汚いなどの問題でストレスが蓄積し、体調を崩してしまう人も多いという

避難所での様子。寒さに加え、見知らぬ人たちとの雑魚寝やトイレが汚いなどの問題でストレスが蓄積し、体調を崩してしまう人も多いという

専門家がすすめる命を守る12の防災グッズ

 岡部氏がすすめるグッズを収納。毎日持ち運べるサイズにするため、内容量の多いものは小分けにする、パッケージから外すなどして、できるだけ軽くコンパクトな状態にして詰めるのがコツ。ポーチのサイズは22cm×12cm×12cm。★は岡部氏が特に推奨するものです。

虫よけ用ストール

虫よけ用ストール

●虫よけ用ストール『インセクトシールド 虫よけソリッドストール』4950円
 真冬以外は、避難先で虫に刺されて感染症につながる危険が高い。特に、マダニ、ヒアリには要注意。「ストールタイプなら骨接ぎ布、風呂敷としても活躍」。

緊急の連絡先メモ

緊急の連絡先メモ

●緊急の連絡先メモ
 家族の連絡先のほか、血液型、持病やアレルギーの有無も書いておくとよい。透明ケースに入れたり、ラミネート加工を施しても。

ペットボトル

ペットボトル

●ペットボトル(500ml以上)の水かお茶
 命に直結する「水」は携行必須。「出先でもこまめに補充し、帰りもフル容量をキープ。のどが渇きにくい、味のない飲料がベストです」(岡部氏・以下同)。

●耳栓『ビーセーフ 耳せん 2ペア』308円
 避難所では話し声、いびき、子供の泣き声などが響き、メンタルに影響しやすい。騒音を低減し、精神の安定を。価格は編集部調べ。

防臭袋

防臭袋

●防臭袋★『驚異の防臭袋BOS Mサイズ90枚入り』1080円(クリロン化成)
 医療向け開発から生まれた袋で、縛るだけでにおいも菌も通さない。「被災後、ゴミ収集車はなかなか来ない。おむつ、ペットの糞、生ごみなどの臭うもの入れに」。ポーチ内は3日分(3枚)。価格は編集部調べ。

アイマスク

アイマスク

●アイマスク『中山式産業 中山式立体型安眠マスク』1650円
 避難所は深夜でも明るい場合が多い。目から入る光を遮断することで寝つきがよくなり、安眠を確保しやすい。

生理用品

生理用品

●生理用品
 災害のショックで生理不順になるケースもあり、念のために持っておきたい。また、けがの際の止血にも役立つ。

ホイッスル

ホイッスル

●ホイッスル『sanwa 防災防犯ホイッスル サイコール』286円
自分の生存や位置を知らせるために。「人の耳が聴き取りやすい3000〜4000 Hz(ヘルツ)の周波数のものがベター。コルクタイプは濡れると音が出ない」。

関連キーワード

関連記事

トピックス

古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
愛子さまの選択はご公務にも影響を与える可能性
【宮内庁の公式インスタグラム】「フォローする・しない」が外交上のトラブルを生む可能性 “誹謗中傷”\\\\\\\\\\\\\\\"いいね至上主義”のリスクも
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
95歳で亡くなった宗田先生
《宗田理さんラストインタビュー》『ぼくらの七日間戦争』は「子ども向けに書いたものではなかった」根底にあった戦争体験と国家への不信感
NEWSポストセブン
(写真/PIXTA)
【紅麹問題で注目される“サプリメントの闇”】すべての製品の有効性・安全性が担保されていない実情、「機能性表示」という仕組みにも問題アリ
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン