芸能

《恋愛ドラマ名門2枠ともに…》なぜ令和の今“心”? 永野芽郁と二階堂ふみのファンタジードラマに勝算はあるのか

初写真集の発売イベントに登場した永野芽郁

『君が心をくれたから』に主演する永野芽郁

 今冬クールの連続ドラマがスタートする中、ファンタジー作品が目立っている。とりわけ、フジテレビとTBSの恋愛ドラマの看板枠で、いずれも“心”をモチーフにした作品が放送されていることが注目を集めている。なぜ今、“心”なのか? その狙いについてコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 今冬ドラマ最大の傾向は、ファンタジー要素を採り入れた作品が6つも放送されていること。なかでも比較されることで注目度を上げているのが、主人公が愛する人を救うために“心”を差し出す『君が心をくれたから』(フジテレビ系、月曜21時)と、“心”の声が聞こえる主人公があきらめていた恋をする『Eye Love You』(TBS系、火曜22時)です。

 ともに“心”をモチーフにしたファンタジー・ラブストーリーである上に、前者が永野芽郁さん(24歳)、後者が二階堂ふみさん(29歳)という20代の主演女優であること。それぞれ“フジの月9”と“TBSの火曜ドラマ”という恋愛ドラマの看板枠であることという共通点もあり、ネット上では何かと比較される機会が増えています。

 なぜ“心”をモチーフにした作品がかぶり、それぞれどんな勝算があるのか。さらに、もう1つ両作と比較されている意外な今冬のドラマについても掘り下げていきます。

「切なさと重さ」「明るさと軽さ」で勝負

 両作の共通点は前述したように、「20代主演女優のファンタジー・ラブストーリーであり、恋愛ドラマの看板枠で放送されていること」に加えて、「制作サイドがピュアな恋心を描こうとしている」こと。

『君が心をくれたから』は、高校時代に惹かれ合った逢原雨(永野芽郁)と朝野太陽(山田裕貴)が8年の年月を経ても一途な想いを貫こうとする様子が描かれています。一方の『Eye Love You』の第1話では、チョコレートショップの社長・本宮侑里(二階堂ふみ)に韓国人留学生のユン・テオ(チェ・ジンヒョプ)が「会えてうれしい」「僕のことは好きですか?」とストレートに好意をぶつけていくというストーリーが描かれました。

 ただ、両作の世界観はまさに真逆。『君が心をくれたから』は、太陽の命を救うために雨が“心”を差し出し、五感が1つずつ失われていく……という切なく悲しい物語。「想いは通じ合い、距離は近づいているのに、恋人としてできることが減っていく」という展開は、どこか重さを感じさせるところもあります。

 一方、『Eye Love You』は、「明るくストレートに恋を描きながら、なかなか距離が縮まらず、もどかしさを感じさせる」という王道のラブコメ。第1話から不意に抱き合うシーンが2回あるなどの胸キュン要素や、料理とチョコレート、ラッコのイラストやグッズなどの癒しも含め、随所に軽さを感じさせます。

『君が心をくれたから』の切なさと重さ、『Eye Love You』の明るさと軽さこそがピュアな恋心を描く上で視聴者を引きつけたいポイントであり、それぞれの勝算なのでしょう。

「よくある設定」ではない“心”

 では、なぜ“心”をモチーフにした作品がかぶったのか。

 近年、休日明けの月曜・火曜に放送される連ドラは、「考えすぎず気軽に見たい」「シリアスなムードや深く考えなければいけない物語は避けたい」などの視聴者傾向があると言われています。

 その視聴者傾向に合うのが、非現実的な設定を生かしたファンタジー作。実際、『君が心をくれたから』は「心を差し出す」という重い設定でも「架空の話」と割り切りやすく、『Eye Love You』は「心の声が聞こえる」ことをシンプルに恋や笑いにつなげています。

 両作とも原作のないオリジナルですが、ファンタジー作を手がける際にポイントとなるのは、“よくある設定”にしないこと。入れ替わり、幽霊、タイムリープなどの昭和時代から繰り返し使われ続けてきた設定は飽きられている感もあります。

トピックス

SNSで拡散されている動画
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子
長野智子アナはラジオ帯番組で“アップデート”、吉川美代子アナはいまもTBSの研修を担当【女性キャスターたちの現在地】
女性セブン
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)
雅子さまの訪英に主治医「極秘同行」か 全ての日程にご出席を果たして「完全復活」を証明するための“安心材料”に
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン