スポーツ

琴ノ若は祖父「横綱・琴櫻」を超えられるか? 立ち合いから力ずくで押す“猛牛”が残した数々の逸話

琴ノ若(左)の祖父は横綱・琴櫻(時事通信フォト)

琴ノ若(左)の祖父は横綱・琴櫻(時事通信フォト)

 大相撲初場所では大関取りに挑んだ関脇・琴ノ若が13勝2敗で本割を終え、優勝決定戦で横綱・照ノ富士に敗れて初賜杯こそ逃したものの、大関昇進を確実にした。師匠である父は元関脇・琴ノ若(現・佐渡ヶ嶽親方)、母方の祖父は元横綱・琴櫻という“サラブレッド”だ。早くから将来を嘱望されてきたが、これからどこまで出世街道を上がっていけるだろうか。

 初場所も終盤戦に入ると番付に関係なく優勝戦線に残る力士同士の対戦が組まれ、“星の潰し合い”となった。10日目には、琴ノ若と前頭15枚目・大の里が1敗同士で対戦。相撲担当記者が言う。

「初土俵から所要4場所で新入幕となった大の里は、髪の毛が伸びるのが出世のスピードに追いつかず、ざんばら髪で土俵に上がっている逸材。日体大出身ですが、輪島以来2人目となる学士横綱となることを期待する声もある。一方の琴ノ若は、今場所13勝すれば“三役で33勝以上”の大関昇進の目安に届く状況のなか、絶対に落とせない大一番だった」

 189センチ・177キロと192センチ・183キロの戦いは、立ち合いでもろ差しになった琴ノ若が一気に寄り切り、優勝争いの流れをぐっと引き寄せた。その活躍を見て、父や祖父の姿を思い起こす人もいるだろう。相撲ジャーナリストはこう話す。

「師匠であり父親の初代琴ノ若は192センチ・176キロの長身を活かして相撲を取った。突っ張ってから右四つに組み止め、左上手を引きつけての寄り切りや上手投げを得意としていた。今の二代目も突き押しに対応できる右四つ相撲が取れる。その姿は父親を彷彿とさせます。

 また、琴ノ若は小学生の時に祖父の琴櫻から“お前が大関か横綱に上がったら俺の四股名をやる”と言われていたそうで、初場所は『二代目・琴櫻』襲名を懸けての土俵でもありました」

 2007年に66歳で亡くなった琴櫻は、182センチ・150キロながらもその取り口から「猛牛」の異名を取った力士だ。

「頭から激しく当たり、そのままの勢いで力任せに押していく。稽古場でも手を抜かずぶちかますので、みんな嫌がって部屋に稽古相手がいなくなった。そのため出稽古に励んで強くなったという逸話が残っているほどです」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

公明党が不信感を募らせる背景には岸田首相の“二股”も原因(時事通信フォト)
【自公25年目の熟年離婚へ】日本維新の会と“二股”をする岸田首相への怒り 国会最終盤で公明党による“岸田降ろし”が勃発か
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
中条きよし氏(右)のYouTubeチャンネル制作費は税金から…(時事通信フォト)
維新・中条きよし参院議員、公式YouTube動画制作に税金から500万円支出 チャンネルでは「ネコと戯れるだけの動画」も
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
NEWSポストセブン