芸能

《62歳になった俳優の黒田アーサー》“老いて枯れていく役”熱望も抜けられぬプレイボーイ役「デビューして今が一番苦しい」の葛藤

62歳になった俳優の黒田アーサー

62歳になった俳優の黒田アーサー

 日本が元気だったバブル景気の頃、『君が嘘をついた』(フジテレビ系)などのトレンディドラマや映画『TOMORROW 明日』で活躍した俳優の黒田アーサーさん(62)。バブル期を象徴するような、“バイリンガルの爽やかイケメン”の1人として多くの女性を魅了した。しかし、黒田さんを直撃すると、イメージとは違う意外な面も多かった。その黒田さんの素顔は──。【前後編の前編。後編を読む

 * * *
 黒田さんは取材場所に、真っ白のテスラ車を運転してやってきた。“高級車”“かっこいい”というテスラのイメージは、黒田さんにピッタリだ。

「経済的で、走りがいいので選んだんですよ。1年ほど前に購入したのですが、国と東京都から補助金が計100万円以上近く出ますし、高騰しているガソリンに比べ電気は安いので、電気自動車のテスラは安くつきます。長く乗ることを考えれば、お得なんですよ」

 細かく調べて購入するなんてマメなんだなぁ、と記者が思わず漏らすと、「ネットで調べれば、すぐにわかりますよ」とニッコリの黒田さん。世界一といわれる加速力や走行音の静かさなども気に入っているという。ゴルフ場などへ出かけるために長距離を運転することも少なくない黒田さんを、ご機嫌にさせてくれる車のようだ。

「ゴルフは40歳ぐらいからやっていますね。負けず嫌いで凝り性なので、『芸能界で一番になりたい!』と一生懸命練習していたら、2014年に『平尾昌晃チャリティーゴルフ』という大きな大会で優勝しました。そのときの副賞が400万円のBMW X1だったので、それからしばらくは、白のBMW X1に乗っていましたけど。色はだいたい白か黒のモノトーンが多いですね」

 ゴルフは今ではベストスコア72の腕前。ゴルフ用品メーカー「PING」のアンバサダーを務める。どうりで、この日も「PING」のウェアを着ているわけだ。

「でも、今一番ハマっているのはボウリング。時間があるときは週2、3回練習し、シニアのプロアマ公式戦『SSSカップ』ダブルスに招待枠で出場し、昨年11月に初めて優勝しました(笑)。ベストスコアは278。還暦になった2021年から2年連続で、プロテストを受けたりもしたんですよ。

 そんなに簡単に受かるほど甘くないので、今年は『もう少し力をつけてから挑戦しよう』と考え見送りました。でも、諦めてはいませんよ。もともと60歳を過ぎたら、何かにチャレンジしたいと考えていたので、僕の新しい目標に据えました。合格したら、芸能人第一号プロじゃないですか(笑)?」

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン