スポーツ

【マスコミ嫌いのスターを振り向かせた】大谷翔平の“女性番記者”がロス有力紙から突然解雇、何があったのか

晩さん会でスピーチする大谷翔平(時事通信フォト)

晩さん会でスピーチする大谷翔平(時事通信フォト)

「日本の皆さんが、毎日限りない情熱的な応援をしてくださることが、プレーの原動力になっています」──全米野球記者協会主催の晩さん会に出席した大谷翔平(29才)が、流暢な英語でそうスピーチすると、会場は大きな拍手に包まれた。昨シーズン、アジア人初のホームラン王に輝き、投手としても10勝を挙げ、自身2度目のMVPを獲得した大谷は、光沢ある黒のタキシードに蝶ネクタイというフォーマルな装いで登場。その佇まいはユニホーム姿と同じくらいキマッていた。

 昨年12月、6年間在籍したエンゼルスから、同じロサンゼルスを本拠地とするドジャースへと大谷は移籍した。

「現在、大谷選手はドジャースタジアムでトレーニングに励みながら、合間にCM撮影などをこなす忙しい日々を送っているそうです。昨年11月にMVPの受賞が決定して米国のテレビ番組にリモート出演した際は、顔まわりがだいぶふっくらした印象でしたが、先日の晩さん会のときは顔の肉が落ちて引き締まっていました」(在米ライター)

 ドジャースの開幕カードは、韓国・ソウルで3月20?21日に2試合が予定されている。

「対戦チームのサンディエゴ・パドレスに2人の韓国人選手が在籍しており、凱旋試合の意味合いが強かった。それが、ドジャースに大谷選手が加入したことでチケットは一気にプラチナ化。韓国で大争奪戦となり、1月26日の夜にネット上で発売されると、たったの8分で完売しました」(スポーツ紙記者)

 昨年9月に右肘を手術した大谷は今季、二刀流を封印して打者に専念する。そんな中、気になるニュースが報じられた。

 1月23日(日本時間24日)、カルフォルニア州で発行されている日刊紙「ロサンゼルス・タイムズ(LAタイムズ)」が、報道部門の115人を大量解雇したことを発表したのだ。同紙は142年の歴史を持つ全米屈指の有力紙で、メジャーリーグについては、地元・ロサンゼルスを本拠地とするドジャースとエンゼルスを中心に報道している。解雇されたうちの1人が、サラ・バレンズエラさんという女性記者だった。

 日本のような終身雇用の文化がないアメリカでは、企業側からの解雇や、従業員による自主退社が頻繁に行われる。サラさんの突然の解雇も“よくあること”なのだが、エンゼルスファンやメディア関係者の間では、衝撃をもって受け止められたようだ。

「彼女がLAタイムズで働き始めたのは2022年6月から。彼女の名前が野球ファンに広まったのは、エンゼルス担当となり、大谷選手にハマったからです。サラさんは着任当初から大谷選手に食い込もうと必死で、日本語も熱心に勉強していました。明るく前向きな性格と粘り強い取材姿勢によって大谷選手にも認知された異性記者として、同業者からの評価も高かった」(米メディア事情に詳しいジャーナリスト)

 サラさんは、退職後の1月26日(同27日)に米国の野球専門番組にゲスト出演し、次のように語っている。

「エンゼルス番になって最初に聞かされたルールは、“大谷選手は1対1のインタビューは受けないから、(単独で)彼に話しかけに行かないように”というものでした」

 記者泣かせでもあった大谷のニュースをファンに届けようと、サラさんは奮闘した。

「“話しかけるのは禁止”なのに、お構いなしに“ハーイ”とあいさつしに行く姿勢と、男性ばかりの記者の中で、彼女ならではの目線で物おじせずに質問するので、大谷選手の印象に残っていたと思います。

 サラさんは大谷選手の一挙手一投足に目を光らせ、彼に関する情報をSNSで頻繁に発信していました。たとえば、昨年2月に大谷選手が自身のインスタグラムで自主トレの映像を公開したときには、すぐにサラさんも反応してSNSでそのことを広め、大きな反響がありました。

 昨年9月には、チームの集合写真の撮影時、大谷選手のユニホームを着たチーム関係者が紛れ込むという“影武者”騒動をいち早く見抜きました。常に大谷選手の存在に気を配っていた証拠なんでしょう」(前出・ジャーナリスト)

関連記事

トピックス

「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
東京ディズニーシー新エリア“アナの声”は、神田沙也加さん“最後の肉声”か?“後継者”の声か? ファンの間で噂が広がる
東京ディズニーシー新エリア“アナの声”は、神田沙也加さん“最後の肉声”か?“後継者”の声か? ファンの間で噂が広がる
女性セブン