国内

【性暴力を認めた「念書」入手】「天台宗の寺で性加害」告発 被害女性の悲痛な「陳述書」 告発された僧侶は取材に「違うとも、そうですとも言いかねる」

会見に臨んだ法名・叡敦(えいちょう)さん

会見に臨んだ法名・叡敦(えいちょう)さん

 天台宗の僧侶が足掛け14年にわたって尼僧を心理的監禁状態に置き、日常的に性暴力を繰り返していた──そんな衝撃的な“告発”の記者会見があったのは1月31日のこと。会見に臨んだ法名・叡敦(えいちょう)さん(55)は、性行為を強要したとする60代のA住職とその師匠で80代のB大僧正の僧籍を取り上げることを求め、天台宗務庁(滋賀県大津市)に懲戒審理を申し立てた。【前後編の前編】

 ダウンタウンの松本人志やサッカー日本代表の伊東純也など権力や地位のある者による性加害を告発するニュースが相次ぐ。同意があったか、なかったかの境界線の見極めは簡単ではなく、ともすれば嘘の告発ではないかとの問題意識も膨らむ。だからこそ訴えの根拠に目を凝らす必要が生じてくる。

 本件は伝統宗教を舞台にしたにわかには信じがたい前代未聞の告発だが、筆者は申し立てに添付された「陳述書」を入手した。40ページにわたる叡敦さんの独白をつぶさに読むと、さらに衝撃的な事実が綴られているばかりか、「一方的な主張」と切り捨てられない“物証”も突きつけられていた。

 僧侶側の言い分は後述するが、本稿はまず、叡敦さんの陳述書の主張の中から、その訴えの核心をいち早く公開する。

 叡敦さんの祖父は香川県で3つの寺の住職を任されるほどの高僧だった。そんな家庭に育った叡敦さんも幼少期から天台信仰に親しんだ。

 26歳で結婚したが、その後間もなく、父と母が病気を患う。9年間にわたり介護に身を捧げるも2009年、父に続いて母が亡くなる。母の生前の希望通り、母のいとこでもある大僧正B氏が住職を務める滋賀県のX寺院で供養をした。同年8月のことだ。

 その際、B氏から「一番弟子のA氏」が住職をする香川県郊外のY寺を訪ねるよう指示された。B氏は比叡山で7年間の厳しい修行を成し遂げた者だけに許された「北嶺大行満大阿闍梨(ほくれいだいぎょうまんだいあじゃり)」という称号で呼ばれる、現在6人しかいない高僧の1人。叡敦さんも「生き仏」と敬う存在だった。ちなみに阿闍梨とは、サンスクリット語で「他を導く高僧」を意味する。そんなB氏の指示から、不条理が始まった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

創価学会の「自民党離れ」は今年4月の衆院島根1区補選でも
【自公連立終焉へ】公明党の支持母体・創価学会の「自民党離れ」が進む 岸田首相の「解散やるやる詐欺」に翻弄され“選挙協力”は風前の灯火
週刊ポスト
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト