国内

大谷翔平の母校で開かれた「ウイルス性肝炎」の意見交換会、徳光和夫が唸った「高校生たちの斬新アイデア」

意見交換会に参加した佐藤三兄弟

意見交換会に参加した佐藤三兄弟

 岩手県の花巻東高等学校で1月30日、肝炎について理解促進を図る授業が行われた。数々のプロ野球選手を輩出している花巻東高等学校は、昨年メジャーリーグでアジア人選手初となる本塁打王、さらには年間MVPを獲得した、ドジャース・大谷翔平選手(29才)の母校としても知られる。そんな高校野球の強豪校から授業の特別講師として招かれたのは、野球好きで知られるフリーアナウンサーの徳光和夫(82才)だった。

 在校生を前にすると、「このたびは皆さんの先輩、西舘勇陽投手がジャイアンツへ入ってくれました! “ジャイアンツ広報大使”として、こんなに喜ばしいことはございません」と、たまらず熱弁。西館投手は、花巻東高等学校から中央大学を経て、昨年のドラフト会議で巨人から1位指名を受けた逸材だ。

 徳光のジャイアンツ愛に触れて生徒たちに笑顔が広がったが、続けて「今日は高校生の皆さんが肝炎に興味を持ってプレゼンをしてくださる。そんな機会を嬉しく思っています」と語り、厚生労働省「知って、肝炎プロジェクト」肝炎対策広報大使として挨拶を締めくくった。

 岩手県は、今期の「知って、肝炎プロジェクト」積極的広報地域に選定されている。花巻東高等学校では昨年12月に岩手医科大学付属病院・宮坂昭夫准教授を招いた特別授業があり、それを受けて今回「健康啓発 学生発表会 意見交換会」を実施。特別講師には、徳光と共に三つ子のインフルエンサー・佐藤三兄弟も参加した。佐藤三兄弟は総フォロワー320万人のSNSを通じ、特に若い世代へ向けて肝炎の啓発活動を行っている。

 発表会ではスポーツコースの2年生約40人が4つのグループにわかれ、肝炎ウイルス検査の受検促進と国民の健康増進について、それぞれが考えたアイディアをプレゼンし合った。

 最初のグループのテーマは、メディアを通じた広報活動について。啓発ポスターや広報ドラマを提案し、生徒たちがシナリオを作って出演した短編劇も披露。佐藤三兄弟は若者の大半が使うSNSを活用する案に共感し、長男・綾人は「若者は興味のない広告は見ない。TikTokでショート動画が流行っているので、今見せてもらったような面白いドラマは興味を持ってもらえる気がします」と賛同した。他にも、肝臓などをモチーフにしたストラップを作ってガチャガチャにするアイディアには「かわいい!」と声があがり、集まった同級生からさっそく好感触を得ていた。

 ウイルス性肝炎は日本人のおよそ50人に1人が患者とされる、国内最大の感染症だ。肝炎の検査率向上をテーマにしたグループは、日程調整の難しさや肝炎の知識不足などが受検率の低さを招いているとして、国の制度として新たな取り組みを提案。「ワクチンを受けずに感染したら保険料アップ」「誕生月は検査無料またはプレゼント配布」「肝炎が発症しやすい傾向にある40歳までに検査を受けないと罰金」など具体案を次々と挙げ、データとして予防接種の国際比較も添えて日本の現状を分析した。

 徳光は「バースデープレゼントの案はとっても面白いし、皆さんのおかげで世界の事情を知ることができました」と感心。アナウンサーとして生徒の声にも感心したようで、「腹式発声でマイクのりがすごくいいね。よかったらアナウンサーの道も考えてください」とスカウトする場面も。

関連キーワード

関連記事

トピックス

田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
この国の食卓は「偽物」だらけで埋め尽くされてしまうかもしれない(写真/PIXTA)
牛肉、うなぎ、あさり、鶏肉など…繰り返される「産地偽装」「産地ロンダリング」のカラクリ
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン