芸能

篠田麻里子、川口春奈、川栄李奈…危機を乗り越えて“華麗なるリベンジ”を果たした女優たち

危機を乗り越えて“華麗なるリベンジ”を果たした女優たち

それぞれ危機を乗り越えてリベンジを果たした女優たちについて、山田美保子さんが分析

 不倫スキャンダル、低視聴率女王のレッテル……などの“危機”を乗り越えて、俳優として活躍する女性たちは少なくない。コラムニストで放送作家の山田美保子さんが、そんな彼女たちについて分析する。

主演にこだわらずNGもナシでキャラ変に大成功

 開始前は放送作家の鈴木おさむさん(51才)が、地上波連ドラ最後の脚本を務めていることばかりが話題になっていたドラマ『離婚しない男 —サレ夫と悪嫁の騙し愛—』(テレビ朝日系)でしたが、スタートした途端、ダントツでSNSを沸かせたのは篠田麻里子サン(37才)でした。

 物語は主人公の伊藤淳史サン(40才)演じる夫が、篠田サン演じる妻の不倫を目撃し、離婚を決意。娘の親権獲得のため妻の不倫の証拠集めに奔走するというもので、篠田サンのプライベートが思い起こされると大きな話題となっています。

 AKB48のOGの中でもママとしてのお仕事が多かったのにそれらを離婚で失い、イメージがだだ下がりになっていたことは『女性セブン』の読者の皆さまならよ〜くご存じですよね?

 なのに元アイドルの不倫妻という役を受けたことだけでもまずアッパレですし、ワザ師とも言うべき名優の伊藤サンや、“鈴木おさむ作品”には欠かせず、毎回ギョッとさせられる怪演ぶりを存分に披露される水野美紀サン(49才)らが揃う環境に飛びこんだ篠田サンの思い切りのよさには“夫”の伊藤サンも「精神力が本当に強い」と絶賛。

元アイドルの不倫妻という役を引き受けた篠田

元アイドルの不倫妻という役どころで話題に

 さらにはプレーとも言うべき大胆すぎる、不倫相手役の小池徹平サン(38才)との濡れ場です。

 木村ひさしさんの演出なので思わず笑ってしまうシーンでもあるのですが、スタイル抜群でAKB48時代から“さまづけ”で呼ばれていた篠田サンの女王さま感が相まって、画面の中での映え方がハンパないのです。

 初回の見逃し配信が、同局歴代全番組史上・初回配信数で再生数トップに。X(旧Twitter)では「篠田麻里子」がトレンド入りしました。

 1月31日、篠田サンはInstagramでドラマ共演者らと揃いのドラマジャージー姿を披露し、さらにストーリーズには野菜と豆腐と肉団子スープが入った鍋の画像や、「一合炊きの釜が優秀すぎて私と子供で丁度良い」「最近合羽橋で購入」と調理中の画像もアップしています。

 年下俳優さんらとの夜遊び報道が出た後にシンママの道を選んだ篠田サンでしたが、なんかもういろいろと大丈夫そうですね。ちなみにドラマの現場では「上から」ならぬ「下からマリコ」と言えるほど謙虚な姿勢で懸命に演じていらっしゃるとか。リベンジ大成功です。

キャラ変に大成功

キャラ変に大成功

 そんな篠田サンの元同僚でAKB48の黄金時代を牽引していらした前田敦子サン(32才)は、一足お先に充実の女優業ぶりです。配信含め、昨年だけでもドラマ5本に出演。1月期は門脇麦サン(31才)主演のドラマ『厨房のありす』(日本テレビ系)に、2月9日公開の映画『一月の声に歓びを刻め』の主演にもあっちゃんの名前があります。

 主演にこだわらずNGもナシと言われ、篠田サンよりも先にキャラ変に大成功したあっちゃん。彼女にしかやれない役がひっきりなしに舞い込んでいるという状態で、そのたたずまいを評価するプロは多いです。前夫の勝地涼サン(37才)との関係も悪くないし、公私ともに大人になったあっちゃん。この先が本当に楽しみな女優さんのひとりになったのだなぁと感慨深くなります。

関連記事

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン