国内

【桐島聡とみられる男の最期】60代女性記者が思い浮かべたキリスト教信者の言葉「最後の最後に神にすがって虫がよすぎる」

潜伏生活を続けた桐島聡容疑者

潜伏生活を続けた桐島聡容疑者(時事通信フォト)

 連続企業爆破事件で指名手配されていた桐島聡容疑者とみられる男が自ら名乗り出た末に最期を迎えた。その真意は何だったのか。『女性セブン』の名物ライター“オバ記者”こと野原広子が綴る。

 * * *
「東京になんか行って大丈夫なのげ?」

 昭和50(1975)年の春、高卒で上京する私に郷里の人は皆、そう言った。その前年、過激派集団「東アジア反日武装戦線」による三菱重工ビル爆破事件が起こり、8人の死者が出た様子が繰り返しテレビニュースで流れていたから、東京で就職したら大事件に巻き込まれないとも限らないと言うの。

 上京して靴屋の住み込み店員になってからわかったんだけど、私が勤めた店は都心の大手町から地下鉄で4駅目で、爆破事件の現場から9分という近さだ。東京の地理を知っていたら私だって二の足を踏んだわよ。

 連続企業爆破事件は、私が靴屋の店先に立って「いらっしゃいませー」と言いつつ、人の足元ばかり見ていた頃を前後して次々と起こった。三井物産、間組など12件が攻撃された。

 その一味に属していたのが桐島聡容疑者(当時20才)だ。私たちは50年近く、交番横に貼られた真面目で快活そうなカレを見続けたことになる。長年指名手配のポスターを見ながら、「意外と捕まらないんだね」「ものすごい整形をしていたりして」「東南アジアのどこかの国で現地の女性と結婚しているのかもよ」などと話題にしてきた。

 しかし、まさか「内田洋」という偽名で神奈川・藤沢市内に何十年も住んでいたとは! 工務店に住み込みで働きながら「うっちー」と呼ばれ、好人物と思われていたというから驚くではないの。だけど、納得いかないんだなぁ。工務店に採用されたときの身分はどうしたのよ? メガネを変えたくらいでバレなかったのかしら。それとも一味が手引きしていたのか。

 そういえばいまは、雇用主が従業員に住まいを提供する「住み込み」という雇用形態をほとんど聞かなくなったけれど、50年前は当たり前だったのよね。大会社には寮があったし、私が勤めた靴屋でも、社長一家と同じ屋根の下に従業員が住んで、職住一緒の生活を送った。私はそこで、社長夫人を「奥様」と呼び、その娘を「○○お嬢様」と呼んだ。もっとも、同性から「お嬢様」と呼ばれることに気が引けたらしく、娘は私に「○○さんと呼んで」と言った。それでも住み込みの肩身の狭さといったらない。「退職=住まいをなくすこと」だから、小生意気な盛りの18才の私でさえ、言いたいことの半分も言えなかった。

 だから思うんだよね。桐島は、身分を隠しながらの住み込み従業員で、どれほど肩身が狭かったか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン