ライフ

「とじないカツ丼」なぜ急増したのか SNSでの“バズり飯”に賛否「分厚いだけ」「サラリーマンの小遣いでは行けない」

卵でとじないタイプのカツ丼が流行(とんかつ丸七提供)

卵でとじないタイプのカツ丼が流行(とんかつ丸七提供)

 定食屋から家庭の食卓まで、国民から広く愛されているカツ丼。カツ丼と言えば、トンカツをダシの利いた卵で包み込み、お米が盛られた丼にのせる料理をイメージするだろうが、近年、SNSを中心に「とじないカツ丼」というグルメが流行っている。

とじないカツ丼は、とろとろの卵の上に揚げたてのトンカツを乗せ、ソースなどで調味するという、一風変わったスタイルのカツ丼。トンカツがブロック肉ほど分厚いのも特徴であり、従来のカツ丼とは味もイメージも異なる。

 門前仲町に店舗を構える「とんかつ丸七」、渋谷神泉にある老舗「瑞兆」が、パイオニアとされ、2022年2月日本橋にオープンした「#カツ丼は人を幸せにする」をきっかけにSNSでバズり、人気に火が付いた。都内を中心に大阪、名古屋などの都市でも出店が続出し、“バズり飯”を求めて多くの消費者が店舗まで足を運んでいるそうだ。

 ブームの最中にあるとじないカツ丼店だが、なぜここまで店舗数を増やしているのだろうか。また厚切りのブロック肉を使用するうえで、食中毒の危険性はないのか、という疑問の声も少なくない。ブームの背景について、フードアナリスト・重盛高雄氏が解説した。

SNS映えで集客力はバッチリ

 とじないカツ丼は、外食気運が高まった近年の潮流に乗って、話題を集めることに成功したと重盛氏は考察する。

「アフターコロナで飲食業界は客足の回復が喫緊の課題となりました。そこで店舗に客を呼び込むべく、SNS映えを意識した派手なビジュアルの料理を提供する飲食店が増えてきたんです。とじないカツ丼は、分厚いトンカツの見た目のインパクトが抜群で、カツ丼なのに“とじない”という話題性もばっちり。X(旧Twitter)、InstagramなどSNSを経由して知った人が多く、一度食べようと多くの客が足を運んでいる印象です」(重盛氏、以下同)

 SNSを意識した名物グルメを打ち出すことにより、客の来店動機を作る、という戦略だ。SNSを眺めていると、「ネタを山盛りにした海鮮丼」「サシの入った和牛を炙った肉寿司」などなど、グッと印象に残りやすいグルメがほかにも散見される。

「シンプルな戦略ですが、SNS映えするグルメの集客力はピカイチ。とじないカツ丼店では若者から50代ぐらいまでと客層は幅広く、男女問わず多くの客が訪れています。既存のカツ丼でもない、ましてやソースカツ丼のようなものとも違う、『ちょうどよい塩梅』を模索し実現したグルメと言えるでしょう」

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン