芸能

《林田理沙アナがまさかの異動》NHK『ニュースウオッチ9』“華やかさよりも堅実さ”重視で海外キャスター組が続々就任の舞台裏「報道局長の鶴の一声で」

「エース」和久田アナの不在でキャスター人事が注目された(右は林田アナ)(NHKホームページより)

「エース」和久田アナの不在でキャスター人事が注目された(右は林田アナ)(NHKホームページより)

 激動の春となりそうだ。NHKが4月から各番組を大きくリニューアルすることがわかった。平日午後1時~6時を生放送枠とすること、星麻琴アナが『ニュースウオッチ9』のキャスターに就任すること、産休に入る和久田麻由子アナ(35)が『NHKニュース7』を降板し副島萌生アナ(32)が後継を務めることなどが2月14日に正式発表された。

 同日に行われた定例会見で、山名啓雄メディア総局長は「記者やディレクターが取材した内容も放送して、顔の見えるジャーナリズムを目指す。(生放送枠が増えて)より柔軟に緊急報道に対応し、事件・事故などを迅速に伝えていく」と宣言した。

 看板ニュース番組『ニュースウオッチ9』では、今年度中に退職する見込みの青井実アナ(43)が1月に降板して以降、田中正良キャスター(56)と林田理沙アナ(34)の2人がメインを担当してきた。4月から林田アナは土曜日の『サタデーウオッチ9』に移り、代わりにフリーアナウンサー・三雲孝江さん(69)の娘としても知られる星麻琴アナ(33)が『ニュースウオッチ9』のメインキャスターを務める。

 星アナのほかに、1997年入局の広内仁キャスター、2011年入局の佐藤真莉子キャスターも新たに番組に加わる。両者ともにワシントン支局での勤務経験があるのは、決して偶然ではない。NHK関係者が明かす。

「NHKのキャスター人事には、局の上層部や会長・副会長が参加する委員会の意向が大きく反映され、番組担当者は希望を出せるものの決定権は持っていません。ただ、『ニュースウオッチ9』に関しては、昨年5月放送のコロナワクチンをめぐる報道が放送倫理違反として大問題になった影響で、委員会よりは報道幹部の意向に重きを置かれるようになったと聞いています。

 そこで現・報道局長の原聖樹さんら幹部から『今年は大統領選もあるし、アメリカ政治を取材したことのある人材が必要だ』という主旨の“鶴の一声”があったといいます。そこで、実力重視の広内さん、佐藤さんが選ばれた。ちなみに原さん自身もワシントン支局の経験者です」(NHK関係者、以下同)

関連記事

トピックス

「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
東京ディズニーシー新エリア“アナの声”は、神田沙也加さん“最後の肉声”か?“後継者”の声か? ファンの間で噂が広がる
東京ディズニーシー新エリア“アナの声”は、神田沙也加さん“最後の肉声”か?“後継者”の声か? ファンの間で噂が広がる
女性セブン