ライフ

【書評】『奔流』コロナが暴露した政治家と官僚の統治手法への告発 感染症専門グループが受けた理不尽な仕打ちの記録

『奔流 コロナ「専門家」はなぜ消されたのか』/広野真嗣・著

『奔流 コロナ「専門家」はなぜ消されたのか』/広野真嗣・著

【書評】『奔流 コロナ「専門家」はなぜ消されたのか』/広野真嗣・著/講談社/1980円
【評者】岩瀬達哉(ノンフィクション作家)

 ダイヤモンド・プリンセス号がコロナ感染者を横浜港に運んできた時、「(船内は)カオスと“告発”」する動画が出回り、政府はお手上げ状態となった。そこで救世主として頼ったのが尾身茂たち「感染症の専門家グループ」だった。

 感染爆発(オーバーシュート)を起こすコロナウイルスを封じ込めるため、彼らは、クラスター対策、緊急事態宣言、まん延防止等重点措置など「行動の自由に対する制約を引き受けるよう」、「政府よりも前面に出るかたちで」直接国民に求めてきた。

「国難だからこそ」、疎まれても言うべきことを言わなければ、「歴史の審判に耐えられない」。科学者としての良心と使命感からの行動だったという。

 しかしその出過ぎた行為は、「国の政策を専門家がすべて決めているのではないか」との印象を与え、政府の存在感を薄れさせ、政権の面目をつぶすことにもなった。

「専門家は助言を行い、政府は提言を参考に決定する」。その助言や提言がうまくいかなければ、すべての責任を専門家に押し付ける。これが政府にとって、専門家会議や審議会を設置する、本来の目的である。良い時は使い、都合が悪くなれば責任を押し付けるための存在が、経済を停滞させるとなれば、厄介者でしかなくなる。

 尾身が「Go Toキャンペーン見直し」を提言した時も、菅首相は「あなたたちのいうことはわかるけど……いろんな人が、いろんなことをいう」のでと応じなかった。「無観客で開催」したオリンピックにしても、政権は有観客にこだわり、尾身たちの提言を聞き入れるのが遅れに遅れている。そしてコロナ禍が落ち着くや、うるさい彼らは「まるで蹴り出されるように」追い払われ、御用学者による「御用審議会」が、政府方針の追従をはじめた。

 著者は3年半に及ぶコロナとの闘いを記録し、政府の彼らへの理不尽な仕打ちを批判する。コロナ禍が暴露した政権と官僚の統治手法への告発でもある。

※週刊ポスト2024年3月1日号

関連記事

トピックス

大谷翔平選手(時事通信フォト)と妻・真美子さん(富士通レッドウェーブ公式ブログより)
《水原一平ショック》大谷翔平は「真美子なら安心してボケられる」妻の同級生が明かした「女神様キャラ」な一面
NEWSポストセブン
裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン