芸能

山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった

 山本陽子さん

亡くなる直前まで元気な様子だったという山本陽子さん

「2月12日に地元出身の力士・熱海富士関の激励パーティーにいらっしゃっていました。紫のお着物をビシッと着こなすお姿がとってもおきれいで、さすが大女優という雰囲気でした。お食事もたくさん召し上がっていてお元気そうだったのに、あれからたった8日……本当に信じられません」(同席した後援会関係者)

 2月20日、女優の山本陽子さん(享年81)が急性心不全のため亡くなった。

「山本さんの甥で、事務所の代表を務める日塔謙太郎氏が公表したところによれば、山本さんは亡くなる数時間前まで日塔氏と行動を共にしており、ひとりで帰宅直後に心不全を起こして帰らぬ人となったそうです。突然の訃報に周囲も驚いていました」(芸能関係者)

 2日には、若かりし頃に映画で共演した俳優の高橋英樹(80才)と『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演。3日には自宅がある熱海市の神社で節分の豆まきに参加するなど、最後まで精力的に仕事をこなしていたという。山本さんが晩年を過ごした海辺の街、静岡県・熱海市に移住したのは約10年前、70才のときだった。

「都内の自宅を引き払い、もともと別荘として保有していたマンションを終の棲家に定めて移住することを決意したそうです。春は桜、秋は紅葉の美しい景色が広がり、四季折々の自然を感じられる家の風景を山本さんはとても気に入っていました」(山本さんの知人)

 日課のウオーキングで足腰を鍛え、近所づきあいにも積極的だった。

「マンションのほかの住人とも親しくしていて、ともに野菜づくりに励んだり、その野菜で手料理を振る舞ったりしていました。会食の予定がないときには3食しっかり自炊をしていたといいます。若い頃に本格的に料理を習ったことがあり、腕前も確かでした」(前出・山本さんの知人)

 大雑把な性格を自称していたが、実際の山本さんは几帳面できれい好き。自宅もきちんと整頓され、収納にも工夫をこらしていた。

「引っ越しにあたって持ち物をだいぶ手放したそうですが、衣装やゴルフ道具、過去の出演作が録画されたVHSのビデオテープを大量にお持ちでした。思いたったら夜中でも模様替えをするほどのバイタリティーの持ち主で、たんすの移動もコツを掴めばひとりでできると話していました」(前出・山本さんの知人)

 美容、そして健康への意識も高かったという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン