国内

逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた

山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間

山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間

 棺に眠る日本ボクシング連盟の元会長・山根明氏(享年84)は「ボルサリーノ」のハットをかぶり、オーダーで仕立てたスーツに「シャネル」のネクタイをあわせたいつもの正装だった。代名詞だったサングラスは、疎遠になっていた息子の昌守さん(59)が出棺の直前、遺品として取り出したという。

 助成金の不正流用や黒い交際などを理由に、会長職を追われたのが2018年。今も「会長」と呼ぶ28歳下の妻・智巳さんはいよいよ別れの時間が迫るとこう叫んだ。

「波瀾万丈の人生のなかで、若者をたくさん育てたあなたは日本の宝です。この国の誇りです。本当にお疲れ様でした」

 1月31日の未明、肺がんで死去した「男・山根」の最期の2か月を智巳さんが初めて明かす。

 * * *
 会長の体調に異変が起きたのは昨年11月29日の夜でした。いつものように私が経営するラウンジ『オアシス』大阪市生野区)でお客様とお酒を飲んでいた会長がトイレに行くと、大声で私を呼ぶんです。慌ててかけつけるとトイレの便器が血の色で真っ赤に染まっていた。緊急の事態にも会長は落ち着いていて、救急車を呼ぶことはなく自ら車を運転して救急病院に行きました。数日後、検査の結果が出て、腎盂ガンの「ステージ4」と宣告され、肺に転移していることも判明しました。

「こんな大変な病気になってごめんな」

 そう話した会長に対して、私は「みんな年取ったら病気になるんだから、大丈夫です」と伝えました。

 12月に入って大阪国際がんセンターに入院し、抗がん剤の投与を受けました。しかし、願っていたような結果が得られず、違う種類の抗がん剤を投与しても効果はありませんでした。今年の正月こそ自宅で迎えられましたが、1月4日に再入院。19日に私だけ主治医の先生に呼ばれて病院に行くと、「これ以上の抗がん剤を投与しても意味がない」と説明されました。先生の言いたいことを理解した私は、会長の余命を訊ねました。

「1か月……しかし、週単位で余命は変化する可能性があります」

 治療の手段がない以上、がんセンターから緩和ケア病棟に移る必要がありました。それには、会長の同意が必要なんです。しかし、「わしはどうなるの?」と訊いてくる会長に対し、私の口から「治療法がない」と伝えることなどどうしてできましょうか。代弁してくれたのが女性マネージャーです。余命は伏せて、次の治療に移るまで暫定的に別の病院に入院する必要があると嘘の説明をしました。会長は一言、「それやったら仕方ないなあ。90歳やったら諦めがつくねんけどな」と。涙ながらにそう口にしたことできっと会長も残された時間がないことを察しただろうと私たちは思っていました。

関連キーワード

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン