スポーツ

【羽生結弦と浅田真央】「新リンク建設」で明暗 羽生はビジネスライク、浅田は未来の子供たちのために

ともにリンクが完成しつつある浅田真央と羽生結弦

ともに、自身と深い関係があるリンクが完成しつつある浅田真央と羽生結弦

 羽生結弦(29才)が浅田真央(33才)を「ずっと憧れの人です」と言えば、浅田は羽生を「史上最高のスケーター」と価値付ける。フィギュアスケートの一時代をともに築き、主要な大会で4度のアベック優勝を経験した。いまなおスケート界を牽引する2人だが、歩もうとする“道”の評価は大きく割れている──。

「グッチのコミュニティの仲間になることを、心から嬉しく感じています。長い歴史の中で、クラフツマンシップに情熱を傾け、類稀なクリエイティビティを発揮し、日本でも多くのファンを持つグッチの魅力を、学んでいきたいと思っています」

 羽生結弦が久しぶりに喜びのコメントを発表した。高級ファッションブランド『グッチ』のブランドアンバサダーに就任したという。

「グッチのメンズアンバサダーには世界のトップ俳優やアーティスト、スポーツ選手などそうそうたる面々が名を連ねています。

 2大会連続の五輪金メダルに加えて史上最年少で国民栄誉賞を受賞。プロ転向後も常にチャレンジし続ける羽生さんの姿勢が評価されてのことでしょう。離婚については詳しいコメントを出さなかったのに……という意見もありますが、快挙といえる大抜擢だと思います」(ファッション関係者)

 羽生のスケートへの情熱も欠けることはない。3月8~10日には、自身が座長を務めるアイスショー『notte stellata2024』に出演。4月には単独アイスショー『RE_PRAY』の追加公演も控える。

「羽生さんにとって今年は30才を迎える節目の年。プロ転向後、アイスショーのすべてを自身でプロデュースした経験を生かして、新たなエンターテインメントに挑戦しようとしているそうです」(スケート関係者)

 羽生の拠点は、出身地である宮城県仙台市。いまも連日深夜に向かうのは、幼い頃から慣れ親しんだ仙台市内のスケートリンクだ。通年使用ができる数少ない施設で、羽生ファンにとっての聖地でもある。

「このリンクが、昨夏、電気代高騰を理由に3か月間の一般営業の中止を余儀なくされました。その際にも羽生さんは著書の印税収入をリンクに寄付するなど手を尽くしましたから、本当に大切にしていると思います」(別のスケート関係者)

 さらに、羽生は別のアイスリンク新設にも意欲的だという。

「いま宮城県内で初めてフィギュアスケートの国際規格に対応した通年型のリンクの建設が進んでいます。2025年度に利用がスタートする予定です」(前出・別のスケート関係者)

 羽生が練習に利用する前述のリンクから車で20~30分ほど。仙台市と大手スポーツ関連企業が運営する多目的アリーナの『ゼビオアリーナ仙台』の一施設として開設される。

 昨年11月、リンク新設が発表されると、羽生は次のようにメッセージを寄せた。

「自分と同じように、この街でフィギュアをやりたいと思う次の世代が1人でも多く生まれることを期待しております」

 だが、歓迎すべき新リンクの建設を、疑問視する声もある。

「完成した新リンクが羽生さんの新たな拠点になるとみられます。羽生さんが手がけるアイスショーも開催されることになるでしょう。

 ただ、この新リンクを使用できるのはプロのスケーターやアイスショーの開催のみだということで、一般の利用はできないそうなんです。仙台市がかかわる施設で人件費&運営費用は最大で年約3億5000万円、20年間で70億円と試算されています。多額の税金が投入されるのに、市民は使えないということに疑問の声があがっているのです」(仙台市関係者)

 たしかに、羽生がアイスショーを開けば多くのファンが集まり、周辺の宿泊施設や飲食店などへの経済効果も見込めるだろう。

「ですが、それはあくまで地元経済界での話。羽生さんが考える“次の世代が1人でも多く生まれることを期待”という願いとは異なる、ビジネスライクな考え方です。羽生さんはどういう思いで歓迎のメッセージを出したのでしょうか……」(前出・仙台市関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン