芸能

カンニング竹山、前を向くきっかけとなった木梨憲武の助言「すべてを遊べ、仕事も遊びにするんだ」

ノリさんを師匠と慕うカンニング竹山が語る、ノリさんとは

ノリさんを師匠と慕うカンニング竹山が語る、ノリさんとは

 芸能界の第一線で40年以上にわたって活躍を続ける「とんねるず」の“ノリさん”こと木梨憲武(62才)。2024年は、フジテレビ系ドラマ『春になったら』に主演したほか、初の本格自伝『みなさんのおかげです 木梨憲武自伝』を上梓するなど、幅広い活躍を見せている。木梨と仲が良い著名人たちが、そんな“ノリさんの素顔”を語る。今回はカンニング竹山(52才)に話をきいた。

「『とんねるず』は小さいときから憧れの存在でした。『とんねるず』になりたくて芸人になったといっても過言ではありません」

 と言うカンニング竹山は、ノリさんより10才年下。小学生の頃、故・西城秀樹さんが司会を務めていた情報番組『モーニングサラダ』(日本テレビ系)で、演者の後ろでおもしろいリアクションをしていた、当時19才だった「とんねるず」の2人に惹かれたのが、初めての“出会い”だったという。

『モーニングサラダ』出演後、「とんねるず」は『オールナイトフジ』や『夕やけニャンニャン』(共にフジテレビ系)と活躍の場を広げていくが、残念ながら福岡では当時、その様子が放送されなかった。

「『とんねるず』っていうおもしろい2人組がいるという噂だけは聞いていて‥‥。どうしても活躍している番組が見たくて、東京の大学に通っていた兄の下宿先に遊びに行ってテレビを見せてもらったり、番組を録画して送ってもらったりしていました」(カンニング竹山・以下同)

憲武さんの言葉が人生を変えた

「とんねるず」に憧れた竹山は、“地元・福岡ではなく、東京で売れる芸人”になるべく上京し、21才のときにお笑いコンビ「カンニング」を結成。長い下積みの末、33才でお笑い番組『エンタの神様』(日本テレビ系)に出演。苦し紛れの末に誕生した“キレ芸”でブレークした。

「初めて『とんねるず』の番組『みなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に呼ばれたのは、30代後半になってから。ところがせっかくのチャンスだったのに、このときは結果が出せなかったんです。何しろ『とんねるず』はぼくにとって雲の上の存在。憧れの人の番組に呼ばれて、おふたりと絡めるというだけで舞い上がっちゃった。ぼくにとっては、夢がひとつ叶ったというくらいすごいことでしたから、かなり緊張してしまいました」

 それでもその後も、番組には何度か呼ばれたという。竹山にしてみたら、あまり目立った結果を残せずにいて、40才を過ぎた頃には、この先どう進んだらよいか迷ってしまったという。するとノリさんからこんなアドバイスが。

「“すべてを遊べ。仕事も遊びにするんだ。真剣に遊んで、それを仕事にできたら最高。いまの仕事をつらいと感じたらそれはしんどいけど、遊びと思えば意外に楽しめるんじゃないかな”って──簡単なことではありませんが、考え方ひとつで、苦しみも喜びに、つらさもやりがいに変わるってことなんですよね。憲武さんはさらっと言っていましたけど、これはお笑いだけでなく、どんな職種にも当てはまる深い言葉だと思いました」

 こうした教えを守ることで竹山自身、活躍の場が広がっていったという。

「もちろん、憲武さんのようにポジティブになりきれないこともあるんですけどね。でも、くよくよしても何も変わらない。それなら前を向いて進むべきだって思えるようになりました」

 ノリさんは竹山にとって、憧れであり、師匠のような存在でもあるという。

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン