スポーツ

《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)

 4月11日、ドジャース・大谷翔平(29)の元通訳・水原一平容疑者(39)が違法賭博に関与していたとされる問題で、アメリカ連邦検察が銀行詐欺容疑で訴追したことを発表した。違法賭博の借金を返済するため、大谷の預金口座から不正送金した額は日本円でおおよそ24億5000万円以上。大谷の許可なく、銀行をだまして多額の不正送金を行った罪に問われている。

 水原容疑者は12日にもロサンゼルス市内にある連邦地方裁判所に出廷する予定で、銀行詐欺の罪で、最高30年の拘禁刑を言い渡される可能性がある。

 そうしたなか、注目が集まっているのが彼が大谷の専属通訳になるまでの経歴だ。水原容疑者の公式履歴には「カリフォルニア大リバーサイド校卒」と記されていたが、実際には在籍が確認できていないとの報道もある。そんな疑義をもたれる水原容疑者は高校卒業後、カリフォルニア州で「2度の交通違反」があったほか、「運転中のマリファナ(大麻)所持」で裁判沙汰になったことがすでに報じられている。

 NEWSポストセブンがアメリカで取材を進めると、その経緯が見えてきた。今回の訴追で、水原容疑者が2018年、大谷のエンゼルス入団直後に銀行口座の開設を手伝ったほか、口座開設の際に大谷の通訳を務めたことが明らかになっている。その後、大谷の銀行口座の連絡先を勝手に変更して多額の不正引き出しにつながった。水原容疑者は大谷からの信頼を悪用して口座へアクセスできる状況にあったわけだが、もし大谷や周辺が水原容疑者のすべてを知っていたら、こんな大騒動にはなっていなかったかもしれない──。【前後編の前編。後編から読む

罪を認めた記録はあるが「起訴は取り下げ」

 交通違反の記録が確認できるのは、アメリカの司法記録などを集積したサイトだ。マーシャル鈴木総合法律グループの弁護士で、カリフォルニア州弁護士会に登録のある鈴木淳司氏が解説する。

「このサイトは業者が政府機関など公的に存在する情報を集積して搭載しているもので、誰でも利用できます。アメリカでは特に処罰が厳しい性犯罪者の情報なども調べることができ、一般的に利用されている。

 情報元の機関にすでにデータがない場合もありますが、一度起こした犯罪などはオープンデータとして長期間記録されることになります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
『君の名は。』のプロデューサーだった伊藤耕一郎被告(SNSより)
《20人以上の少女が被害》不同意性交容疑の『君の名は。』プロデューサーが繰り返した買春の卑劣手口 「タワマン&スポーツカー」のド派手ライフ
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
《大好評ドラマ》『アンメット』杉咲花を歌で支える女性アーティストたち 木村カエラらのCMはドラマと“最高のコラボ”
NEWSポストセブン
綾瀬はるかが結婚に言及
綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく
女性セブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン
やりたいことが見つかると周りがみえなくなるほど熱中するが熱しやすく冷めやすいことも明かした河合優実
大ブレイクの河合優実、ドラマ『RoOT/ルート』主演で感じる役柄との共通点「やりたいことが見つかると周りが見えなくほどのめり込む」
NEWSポストセブン