スポーツ

【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし

大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)

大谷翔平がハワイで別荘購入を計画、不動産売買を目的とした会社も設立(写真/Getty Images)

 これまで“お金に無頓着な野球少年”というイメージで語られてきたドジャースの大谷翔平(29才)。しかし、数年前から南国の超高級リゾート地に通い、セカンドハウスを建設中だった。初めて明らかになった、壮大な別荘計画とは──。

 この円安で、もはや庶民には手の届かない旅行先となりつつあるハワイ。そのハワイの中でも、世界中からセレブが集う最高級リゾート地として知られるのが、ハワイ島のマウナケア・ビーチだ。天然の白砂で埋め尽くされ、その先に広がるエメラルドグリーンの海にはマンタが棲みつき、夜になると優雅に泳ぎ出す。

 2年前の10月、この地に日本が誇るスーパースターが、お忍びで訪れていたことは知られていない。そのとき、彼が向かった先は約7万平方メートルにも及ぶ広大なリゾートの開発予定地だった──偉業を打ち立て続ける男は大海原を見下ろしながら、どんな未来を思い描いていたのだろうか。

 開幕から9試合目にしてようやく待望の1号ホームランを放つなど、復調の兆しが出てきた大谷翔平(29才)。そんな中、元通訳の水原一平氏(39才)が起こした違法賭博問題に新たな動きがあった。

 米ロサンゼルスの連邦地検は4月11日、銀行詐欺容疑で水原氏を訴追したと発表した。水原氏は当初報じられていた約6億8000万円ではなく、その4倍近くにあたる約24億5千万円以上を大谷の口座から胴元側に不正に送金していたという。さらに水原氏は送金のため、大谷を装って銀行に電話した疑いも浮上している。

 大谷は3月の記者会見で、そうした“窃盗被害”に気づかなかったと明かしたが、その浮世離れした金銭感覚に世間は衝撃を受け、大谷のグラウンド外での活動や、周辺で動く巨額マネーに注目が集まることになった。

「大谷選手は体ひとつで“1000億円”を稼ぎ出す一方で、年俸とは別に、広告収入だけでも年間で約75億円の稼ぎがあると報じられました」(前出・在米ジャーナリスト)

 スポンサーには名だたる大企業が並ぶが、広告料も破格で、コーセーが10億円、ニューバランスが40億円ともいわれている。そんなビッグマネーを大谷の代理人という立場で実質的に動かしてきたとされるのが、今回の騒動で一躍注目を集めたネズ・バレロ氏である。だが、その手腕を疑問視する声も出てきた。

「水原氏に捜査の手が及んでいると知ったバレロ氏は当初、自分たちだけで解決しようとしたが、メディアコントロールがうまくいかず手に負えなくなった。現地では、最後はドジャース球団が火中の栗を拾う形で収拾に動いたといわれています」(広告代理店関係者)

 大谷が広告塔になった暗号資産大手交換所「FTXトレーディング」との契約を蒸し返す声もある。

「2022年に同社は経営破綻し、暗号資産を保有していた顧客らは多額の被害を被った。巨額詐欺事件として立件され、創業者は禁錮刑を食らい、大谷選手ら、広告塔となった有名セレブには顧客からの非難が殺到しました。当時、この広告案件にかかわっていたとみられるバレロ氏には大谷選手のブランド価値を毀損させた“前科”もあるのです」(前出・広告代理店関係者)

 だが、問題発覚前の水原氏に対してと同様に、大谷はバレロ氏に絶大な信頼を置いているようだ。昨年10月、大谷がロサンゼルスで愛犬の名を冠して設立した「Decopin LLC」(以下、デコピン社)の役員にもバレロ氏が名を連ねる。同社は不動産売買を目的とした会社だ。

「バレロ氏はロサンゼルスに複数の不動産を保有し、彼の自宅も約8億円といわれる大豪邸です。彼がロスに保有する土地の近くに、大谷選手が豪華な新居を建設予定だとの報道もあります」(前出・在米ジャーナリスト)

 そのデコピン社について取材を進めると、奇妙なことがわかった。同社は立ち上げと同時に、南国ハワイに支社を設立していたのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
自転車を取り締まる警視庁の警察官(イメージ、時事通信フォト)
自転車「逆走」が招く重大事故 ドライバーには「一時停止無視のママチャリ」も恐怖
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
黄色の旗を掲げることで安否を確かめ合う「黄色い旗運動」
迷惑を最小限に抑える「理想の孤独死」を叶えるにはどうすればいいのか? 「早く見つけてもらう」ために活用すべき官民サービス、アプリなど
女性セブン