国内

【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」

STAP細胞騒動から10年

昨年結婚したことが明らかになった小保方さん。お相手は「最大の理解者」

《私にウェディングドレスを着る日は来ない》。STAP細胞騒動を振り返った自身の著書に、小保方晴子さん(40才)は自らの未来をこう記していた。「あの日」から10年、彼女の隣には、ひとりの男性の姿があった──。

 都心の一等地にそびえ立つタワーマンションの一室。洗練された街並みに映える都会的な外観に加え、部屋からは東京湾の夜景が一望できるとあって、竣工当時から人気の高い物件だ。

 数年前からここに住む彼女は、かつての研究室と同じようにこの部屋をもう“自分色”に染めていることだろう。「あの騒動」からちょうど10年。日本中を騒がせた若き女性科学者も40才を迎えた。小保方晴子さん──彼女はいま、まったく新しい人生を歩み始めていた。

 ピンクや黄色の壁紙に囲まれ、実験器具はムーミンのキャラクターシールでデコレーションされている。そんなメルヘンチックな研究室で、祖母からもらった昔ながらの割烹着をまとい、日夜研究に励む彼女の左手中指には、大好きなブランド、ヴィヴィアン・ウエストウッドの大きな金の指輪が光っていた。

 地味な研究者のイメージを一新し、颯爽と現れた小保方さんが一躍時の人となったのは、2014年1月のこと。理化学研究所の発生・再生科学総合研究センターは、ユニットリーダーの小保方さんが「STAP細胞」を発見したと発表。彼女の論文は世界的な科学誌『ネイチャー』に掲載された。

「わずか3年前に博士号を取得したばかりの無名の女性研究者が、世紀の発見をしたことに世界中が驚きました。ガーリーな雰囲気の小保方さんは『リケジョの星』ともてはやされ、空前の“小保方さんブーム”が巻き起こりました」(科学誌記者)

 STAP細胞は、さまざまな臓器や組織の細胞に成長する万能細胞だ。先行していたiPS細胞などより簡単かつ安全に作製でき、再生医療や若返り、がんの治療などに応用できることから「夢の万能細胞」と呼ばれた。世紀の発見で一気にリケジョの頂点に上り詰めた小保方さんだったが、そこからの転落劇は想像を絶するものだった。

「STAP細胞の発表からわずか2か月後、その論文に不正が見つかったのです。別の研究で使用した画像の流用やほかの論文からのコピペが発覚し、さらに、3年間の研究で彼女が記録したノートがたったの2冊しかなかったことも露呈。小保方さんに強い疑惑の目が向けられました」(前出・科学誌記者)

 2014年4月、勝負服であるバーバリーのワンピースを着て“反論会見”に臨んだ小保方さんは、後世に残る名言を口にした。

「STAP細胞はありまぁす!」

 だが、その存在を証明することは叶わず、そればかりか、STAP細胞とされていたものは、同じ万能細胞であるES細胞が混入されたものである可能性が浮上。STAP細胞の論文は撤回に追い込まれた。同年8月には彼女の上司で、最大の理解者だった理研の笹井芳樹氏が亡くなり、小保方さんは2014年末に理研を退職。翌年には博士号が取り消され、研究者の道が閉ざされた。

「捏造の科学者」とまで呼ばれ、表舞台から消えた彼女が再び世間に姿を見せたのは、2016年1月。突然、手記『あの日』(講談社)を発表したのである。

「一連の騒動に対する事実上の反論で、彼女の目から見た“真相”が綴られた『あの日』は発行部数が26万部超えの大ヒットを記録。小保方さんは3600万円以上の印税を手にしたとみられています。2018年3月には、自身の日記を一冊にまとめた『小保方晴子日記』(中央公論新社)も上梓。STAP細胞騒動後にうつやPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされた日常を、赤裸々に告白しました」(前出・科学誌記者)

 日記というスタイルで自ら私生活を“暴露”したこの書籍も話題を呼び、その後、週刊誌のグラビアページにも登場。研究者時代とは打って変わった“クールビューティー”な風貌に世間は驚かされた。まるで第二次小保方ブームの到来すら予感させるほどの豹変ぶりだった。

関連記事

トピックス

不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
辛口評論家たちは今季の巨人をどう見ているか(阿部慎之助・監督)
江本孟紀氏が語る今季の巨人「阿部監督には派手さがない。それがいい」「もし優勝でもすれば、MVPは1年早く辞めた原前監督だと思いますね」
週刊ポスト
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン