芸能

【肝炎検査を受けて!】伍代夏子“アウェー”で叫ぶ!能登半島地震復興応援チャリティーマッチ後に明かした「知られざる被災地の健康課題」

歌手で厚生労働省・肝炎対策特別大使の伍代夏子

歌手で厚生労働省・肝炎対策特別大使の伍代夏子

「みなさん! 肝炎という病気をご存知ですか」──4月20日、歌手で厚生労働省・肝炎対策特別大使の伍代夏子は訪問先の石川県「金沢ゴーゴーカレースタジアム」で、スタンドへ向けて大きな声で呼びかけた。名称の“カレー”にちなんだという、明るめな黄色のトップスがピッチのグリーンに映えて目を引く。

 その姿は瞬時に関心を集めたが、手を挙げるジェスチャーをして問いかける伍代に対して「肝炎を知っている」と、挙手で応答する姿はまばら。その反応を見て伍代は、「まだ知らない方はぜひ今日、知ってください」とアピールした。

「『肝炎』というものにならないためにはどうしたらいいんだろう、もしもなったらどうしたらいいんだろう──そうした情報を発信・啓発するために、厚生労働省『知って、肝炎プロジェクト』の活動があります。肝炎を多くの皆さんに知ってもらおうと、私たちは普段からこうして、大勢の方が集まる場所へお邪魔してお話ししているんです」

 この日、スタジアムでは元日の地震で被災した能登をサッカーで元気づけたいと「能登半島地震復興応援チャリティーマッチ」が開かれていた。現役時代から災害復興支援を積極的に行い、現在はJリーグ選手OB会長を務める佐藤寿人さんが中心となって、元日本代表選手が「ブルーレジェンズ」として集結。日本サッカー協会会長の宮本恒靖さんや岡野雅行さん、中澤佑二さんなど、15人もの元日本代表選手が揃った。

 スタンドには能登からおよそ1500人が招待され、珠洲市や能登町などの5チームから48人のサッカーキッズも参加。子どもたちは元日本代表選手らと一緒にミニゲームも楽しんだ。その後、被災地の復興を願って観客を含めた全員で黙祷を捧げて、メインイベントとなる復興応援マッチがキックオフ。「ブルーレジェンズ」と地元・ツエーゲン金沢OBなど石川県ゆかりの選手による「がんばろう石川」が対戦した。

 前半は両者譲らず0-0で終了。ロッカールームへと引き上げるレジェンドへ向けて、子どもたちからすかさず「やじーん!(岡野)」「ボンバー!(中澤)」など、声援が飛ぶ。そんな興奮さめやらぬハーフタイムの“アウェー”な空気に飛び込んで、「知って、肝炎プロジェクト」による冒頭の啓発活動が行われた。

 肝炎を含む病気や健康について考えるトークイベントとして、一卵性三つ子のインフルエンサー・佐藤三兄弟から長男の綾人と三男の嘉人、ツエーゲン金沢でプレーする豊田陽平選手、ご当地アイドル『ほくりくアイドル部』の松井祐香里、有松来未も登場。各々、健康づくりや被災地への想いを語った。

 伍代はまず「被災された皆さまには心からお見舞い申し上げます」と挨拶。「この熱気、活気がそのまま被災地へ届けばいいなと思います」と寄り添い、肝炎について語り始めた。「肝臓が炎症を起こしている状態を肝炎といいます。肝炎ウイルスが悪さをして慢性化することがとっても怖いんです。中でもC型は慢性肝炎を発症しやすいと言われています。もしかしたら、そんな肝炎のウイルスが皆さんの血液の中にいるかもしれないんです」。

 そこで一旦、言葉を切った。ぐるっとスタジアムを見渡し、語気を強めて、こう続けた。「肝炎は感染しても痛くもかゆくもなく、無症状のまま知らないうちに進行してしまう。だから、怖いんです。そうならないためには早期発見、早期治療が大切です。ウイルスに感染しているかどうかは、血液検査でわかります。自分の体の中に慢性肝炎の原因となるB型、C型のウイルスがいないか、ご自身やご家族の命を守るために検査で確かめていただきたい」。

関連キーワード

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
笹山なつき容疑者(21)
《プライベートでも悩み》園児切りつけ21才保育士、「明るく元気で弟思い」の彼女が“病み”投稿連発で凶行に至った「家族を支えなきゃ」のプレッシャー
NEWSポストセブン
森香澄
森香澄、高度に作り込まれた“あざといキャラ”でバラエティー評価上昇中 妨げになるのはリアルな“熱愛発覚”
NEWSポストセブン
被害者の平澤俊乃さん、和久井学容疑者
【新宿タワマン刺殺】和久井学被告が接近禁止命令の後も続けていた「ネット・ストーキング」 被害者女性のライブ配信での一言で殺害決意か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン