芸能

《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年

中尾彬さん(時事通信フォト)

亡くなった中尾彬さん(時事通信フォト)

 俳優の中尾彬さんが亡くなっていたことがわかった。81歳だった。近いうちにも、所属事務所が公表するとみられる。妻の池波志乃(69)さんとおしどり夫婦として知られていた。

 コワモテの演技派として活躍し、ドラマや映画で数多くの悪役キャラを演じた中尾さんだったが、晩年は歯に衣着せぬコメントで芸能界のご意見番として情報番組やバラエティー番組などに出演していた。最近は、その姿をテレビ番組で見かける機会が減っていた。

 千葉県木更津市出身の中尾さんは、地元の高校を卒業後、武蔵野美術大学へ入学。在学中に日活ニューフェイスの5期に合格し、大学を中退して俳優の道へと進んだ。

「中尾さんは、『本陣殺人事件』の金田一耕助役や『極道の妻たち』などの任侠映画で個性派俳優として活躍しました。コワモテ俳優としてのイメージがある一方で食通としても知られ、旅番組やバラエティー番組などで発する独特のコメントでタレントとしても人気でした。

 撮影でインドネシアを訪れた時に買った染め物を購入したのがきっかけで、2000年頃から首に巻き始めた“ねじねじストール”がトレードマークとなり、以来、仕事の時は常に“ねじねじ”姿でした」(芸能プロ関係者)

 しかし、2018年、中尾さんは大切にしていた“ねじねじ”200本を大量に処分。きっかけは、2006年に妻の池波さんがフィッシャー症候群という神経系の病を患ったことです。さらに中尾さんも2007年には、風邪が悪化して急性肺炎と横紋筋融解症を併発し、生死の境をさまよった。

関連記事

トピックス

1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン