ライフ

【逆説の日本史】「なぜ大日本帝国では権力が一本化されていなかったのか?」という疑問に答えよう

作家の井沢元彦氏による『逆説の日本史』(イメージ)

作家の井沢元彦氏による『逆説の日本史』(イメージ)

 ウソと誤解に満ちた「通説」を正す、作家の井沢元彦氏による週刊ポスト連載『逆説の日本史』。近現代編第十三話「大日本帝国の確立VIII」、「常任理事国・大日本帝国 その13」をお届けする(第1418回)。

 * * *
 前回からこの稿を続けるなら、インド独立の闘士ラス・ビハリ・ボースが日本から退去を求められた一九一五年(大正4)十二月の時点から始めるべきなのだが、ここでちょっと脇道に逸れることをお許しいただきたい。最近「脇道」ばかりではないかと古くからの読者には言われそうだが、今回は正確に言えば「脇道に逸れる」よりは「本道に戻る」のである。そうするきっかけは、前回を読んだ若い読者から「なぜ戦前の大日本帝国ですら権力が一本化されていなかったのですか?」という質問があったからだ。

 たしかに、このことは世界史の世界の常識から見たらあり得ないことだ。大日本帝国は世界の一般常識から言えば天皇を頂点とした独裁国家であり、独裁国家であるがゆえに「意思決定能力が薄弱」などということはあり得ない。しかし大日本帝国は実際にはそういう国家であり、そうであったからこそ東京裁判でも天皇の責任は問うことが困難だった。それどころか戦争責任自体が明確に断罪されること無く、いわゆる「戦犯」の処分ですべてがうやむやになってしまった。これは日本史特有の問題である。なぜなら、日本以外の世界ではこんなことが起こり得ないからだ。

 そして「なぜそうなるか」は、この『逆説の日本史』シリーズをとおして、それこそ古代から現代に至るまでのメインテーマであり、ゆえに「本道」なのだが、その解明については早い段階ですでに終了している。前回述べたように、本連載は一九九二年(平成4)に始まったのだが、連載開始から数年間にわたるテーマはまさにそれであった。「日本はなぜ独裁国家にならないのか」あるいは「意思決定能力が薄弱なのか」ということである。そして、それについてはすでに明確な回答を出したつもりである。

 しかし、ここもひょっとしたら「逆説シリーズの問題点」になるかもしれないのだが、私はそれをすでに解明し読者に提示しているから説明は不要だと思っている。同じことの繰り返しになるからだ。しかし、考えてみれば連載が始まったのは三十二年も前なのだから、若い読者つまり二十代、三十代の読者にはこの「解明」は読まれていないし、 四十代の読者もまだ未成年であったから読んだ人は少ないだろう。つまり、いまでは連載開始から数年間で読者に提示した「解明」を知らない人のほうが多い、ということだ。

 にもかかわらず、私は一人で古代から現代まで歴史を書いているがゆえに、当然この「解明」をすべての読者が理解しているだろうと錯覚してしまう。問題点というのはまさにそこで、連載開始当初からの読者(残念ながらいまや少数派かもしれないが)にとってはまさに繰り返しになってしまうのだが、時々私にとっては自明のことをもう一度読者に説明する必要がある、ということだ。

 この「なぜ戦前の大日本帝国ですら権力が一本化されていなかったのですか?」という疑問に対して一言で回答すれば、日本人は聖徳太子の「十七条憲法」で明確に指摘されているように、すべてを「話し合いで解決することによって」争いを無くし、「和を保つ」ことを最優先とする民族だからだ、ということになる。

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト