聖徳太子は、その名のとおり皇太子である。摂政を務めているから天皇代理でもある。ところが七世紀初め、その聖徳太子は「十七条憲法」の第一条でなにを述べたかと言えば、「物事はすべて話し合いで決めなさい」ということだ。独裁権力のまったく逆こそ理想だと明言しているのである。しかも、最後の第十七条で「物事は独断で決めてはならない」と念を押している。独裁権力の否定である。

 だからこそ日本は天皇を頂点に担ぎ上げたときも、その前で話し合って結論を出すという形しかできず、わかりやすく言えば権力集中制を取ることができなかった。それが日本という国家組織の最大の問題点なので、話し合い体制が「和を保つ」ことに汲々として、実行されるべき改革が不可能になってしまう。室町時代末期、いや現代もそういう時代である。

 そこで、そういうときは時代の要請に応じて織田信長のような独裁者が稀に出現するが、その信長が本能寺で殺害されたことでもわかるように、日本人は結局こうした権力者を認めない。そのことは「十七条憲法」に「物事は独断で決めてはならない」と規定されているところまで遡る。つまり、信長は「憲法違反」だったのだ。

 現代の自民党もまさに「話し合いによる寄り合い所帯」である。この項を書いている現在、東アジアのハブ空港は韓国の仁川国際空港であり、日本の羽田でも成田でも無い。だが、東アジア初のハブ空港をめざして成田国際空港が開港されたのは一九七八年(昭和53)、仁川が開港されたのは二〇〇一年(平成13)である。 二十三年も後にできた空港に、本来占めるべき地位を奪われたのだ。

 反対運動が激しかったからだなどという言い訳をする人間もいるが、それならばさっさと見切りをつけ羽田空港の東京湾への拡張路線を選ぶべきだった。これなら騒音問題も発生しようが無い。そういうことのできない「意思決定能力が薄弱」な政府だからこそ、マラソンで言えば「二十三分遅れでスタートした選手に抜かれた」というマヌケな話になる。欧米諸国でも、それとまったく反対の政体の中国や北朝鮮でも、権力は集中しているのでこんなマヌケな話は無い。

 もちろんこれら権力が集中している国でも「決断したことが失敗する」ことはありうる。しかし、その失敗責任は明確になるし、なによりも「決断ができないために失敗する」ということはあり得ない。ここが日本と日本以外の国のまったく違うところであり、なぜそうなのかを解明するのが真の意味での「日本史の研究」だと私は考える。

 その観点で言えば、この独裁否定つまり「話し合い絶対主義」はそもそも大和朝廷が成立した時点まで遡れる。天皇家の祖先神であるアマテラス(天照大神)はあきらかに日本列島先住民の王であるオオクニヌシ(大国主命)から国を奪ったのだが、神話においてはあくまで「話し合いによる国土の譲渡(国譲り)」になっており、これも世界の常識ではあり得ないことだ。

 かつてアメリカの近代史もそうだったが、「建国神話」は先住民が「悪」であったからこそ「正義の民族」が先住民を滅ぼして新しく正しい世界を築いたという形にするのが、世界の常識である。日本だけそうなっていない。つまり「和を保つ」ことは、聖徳太子がそれを「保て」と言ったから日本の国是になり、その結果「意思決定能力が薄弱」な国になったわけでは無い。それ以前の古代日本が大和朝廷の形で成立した時点でそうなのである。

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン