「悪のパワー」を鎮魂

 では、なぜそこまで「和」にこだわるのかと言えば、「和」が乱れたときのことを考えてみればいい。争いが生じ、争いは争いを生み、必ず勝者と敗者が生まれる。敗者が怨念を抱いて死ねばそれは怨霊と化し、日本をあらゆる不幸に陥れる。そもそも神の子孫である天皇が君臨する日本はその霊力(御稜威)に守られているから、疫病や地震や凶作や兵乱といった災厄が起こるはずが無い。

 それでも起こるのは、天皇の霊力を凌駕する「悪のパワー」を持つ怨霊が出現するからである。だからこそ、とくに古代日本の政治家は怨霊を鎮めることがもっとも重要な政治課題と考えた。これも個々の事例をいちいち指摘していれば、それこそ数冊の本になってしまう(実際、単行本版『逆説の日本史』では、第9巻あたりまでそれがメインテーマである)。そこで、少しだけ例を挙げておくと、

〈○日本以外のすべての国では「最高神は最大の神殿に祀られる」。あたり前の話だが、日本では最大の神殿である出雲大社に祀られている神は、勝者である大和朝廷の先祖アマテラスでは無く、「国を譲った」敗者のオオクニヌシであること。

○天皇をイジメ抜いて早めに退位させ、自分の娘が産んだ子を次々に天皇にした「日本一の傲慢男」藤原道長。道長は、藤原氏のもっとも有力なライバルだったが結局は敗者となった源氏(賜姓源氏)の若者が出世し、その(藤原氏では無く源氏の血を引いている)息子が最終的に天皇になるという小説『源氏物語』を、自分の娘に仕える女官紫式部に書かせていること。

○天皇家は、武家に政権を奪われたことを「日本一の大怨霊」崇徳上皇のタタリのせいだと確信しており、明治から現代に至るまで鎮魂に努めていること。〉

 ちなみに、なぜ「第九巻あたりまで」と限定するかと言えば、第十巻以降は本格的な武家の時代に入るからだ。武家とは「殺し合いがあたり前」という階層なので怨霊をまったく恐れないし、怨霊鎮魂が必要だとは夢にも考えないのである。先ほどの「藤原道長・紫式部と源氏物語の関係」は、江戸時代にたとえて言えば、徳川将軍家の大奥で御台所(将軍の正夫人)に仕える「お局」が、「豊臣氏がライバルに勝って天下を治める」という「豊臣物語」を書き、将軍も御台所も愛読しているというのと同じことで、世界中絶対にあり得ないし、日本でも武家社会ではあり得ない。

 しかし、人を不用意に死に追いやると怨霊と化しタタられると信じていた天皇を中心とした公家階級では、武家とは逆に怨霊鎮魂を政治の最重要課題とした。だからこそ敗者である源氏が勝つ、という内容の物語を「部下」に書かせたのだ。現実の世界の敗者に「物語のなかでは勝たせてやる」ということで、敗者のオオクニヌシが勝者のアマテラスより大きい神殿に祀られているというのも、怨霊鎮魂である。

 こうした信仰が明確に存在することを大前提にして考えれば、日本においてもっとも重要なことは「怨霊を発生させ、慌てて鎮魂に努めること」では無く、そもそも「怨霊が発生しないように争いを無くす。そのために話し合いで決める」ことこそ最優先だということがわかるだろう。だからこそ「和を保つ」ことがあらゆることに優先する。それゆえ聖徳太子も「憲法の第一条」にそれを定めた。

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン