芸能

【中尾彬さん逝去】「息子に会いたい」と願うも叶わず…過去には人気女優と浮名を流し不倫騒動も 妻・池波志乃とは「終活」経て絆強まる

夫婦仲は良かった

夫婦仲は良かった

 俳優の中尾彬さんが亡くなった。81才だった。生前は妻の池波志乃(69才)とメディアに登場することも多く、芸能界随一のおしどり夫婦として知られていた。

 中尾さんは、1970年に女優の茅島成美(81才)と結婚して長男にも恵まれたが、中尾さんの不倫が発覚して離婚。その後、池波と再婚することとなる。近年は熱心に“終活”に取り組みながら、夫婦でより濃密な時間を過ごしていたという。【前後編の後編。前編を読む

 池波との結婚後、私生活が落ち着いた中尾さんは仕事に精を出し、俳優業だけでなくバラエティーにも引っ張りだこの人気者となった。売れっ子になっても大切にしたのは、妻と一緒に過ごす時間だった。

「ふたりとも食べることが大好きな食道楽で、夫婦で家にいる日の食事は志乃さんの手料理のフルコース。いつもお酒と会話を楽しみながら、のんびりと2時間かけてじっくり食事を堪能していました。中尾さんは夫婦水入らずのこの夕食を『居酒屋しの』と呼んで、忙しい日々の中で心待ちにしていたそう。“ふたりだけの時間がもっとほしい”との思いから、子供をもうけようとしませんでした」(中尾さんの知人)

 だがその選択には、“父”としての本音が隠されていたのかもしれない。

「再婚後の中尾さんは、メディアや周囲に“俺には子供がいない”と口にしてきました。これは“志乃さんとの間に”という意味なのはわかっていましたが、どこかで息子の存在を忘れるために言っているんじゃないかと思うこともありました。

 離婚後、中尾さんは一度も息子と顔を合わせていません。でも会いたい気持ちがあったようです。いまから二十数年前だと思うのですが、息子が結婚した前後、彼に“会いたい”と連絡したことがあったんです。ただ、その願いが叶うことはありませんでした」(前出・中尾さんの知人)

 中尾さんと池波は、芸能界ではいち早く「終活」に取り組んだ夫婦としても知られる。わずか半年の間に重なった、3つの大きな“災難”がきっかけだった。

 2006年9月、沖縄のセカンドハウスに滞在していた池波は急にまぶたが開かなくなり、手足も一時的に動かなくなって救急車で病院へ搬送された。末梢神経に異常が生じる難病のフィッシャー症候群に襲われたのだ。

「同じ時期に志乃さんの母が末期の肝臓がんを患いました。中尾さんは忙しい合間を縫って、沖縄と志乃さんの母が入院する千葉の病院を行き来していました」(前出・中尾さんの知人)

 中尾さんの看病もおよばず、同年11月に池波の母が他界。すると今度は2007年3月に中尾さんが仕事先の大阪で倒れ、病院に運ばれた。

「急性肺炎および筋肉が壊死するという横紋筋融解症を発症し、多臓器不全を併発しかねない危険な状態でした。病院に駆けつけた志乃さんに医師は、“生存率は20%”と告げたそうです。一命はとりとめましたが、ふたりはいずれ自分たちの体が動かなくなる日が来ることを悟ったのです。“人生何が起こるかわからない”との覚悟を固め、これからは自分たちの生活を縮小していこうと話し合いました」(池波の知人)

 本格的に「終活」を始めたのは2013年。まず、残されたきょうだいや親戚が揉めないように証人の立ち会いのもと、遺言状を作成した。

「その後、千葉・木更津にある中尾さんの実家を改装したアトリエと、沖縄のセカンドハウスを売却しました。また、東京・谷中にある志乃さんの実家の菩提寺に、夫婦が入るお墓を新たに建立。このお墓には、志乃さんの母方の祖父母と、両親も眠っています。中尾さんが“みんなで一緒に土に還ると思えばいいんだよ”と志乃さんに提案したそうです」(前出・池波の知人)

 売れっ子の芸能人夫婦だけに断捨離のスケールも大きく、食器や台所用品に加えて1万枚の写真やトラック2台分の推理小説を廃棄。「ねじねじ」と呼ばれて中尾さんのトレードマークだった大判のストールも200本処分した。中尾さんはモノだけでなく、人間関係も整理した。

「もともと中尾さんは、周囲をライバルとみなして孤独を好むタイプだったので、芸能界の友人が少なかったのですが、コロナ禍で仕事が減ってからは仕事関係者など親しい人との関係も断っていました」(前出・中尾さんの知人)

関連記事

トピックス

SNSで拡散されている動画
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子
長野智子アナはラジオ帯番組で“アップデート”、吉川美代子アナはいまもTBSの研修を担当【女性キャスターたちの現在地】
女性セブン
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)
雅子さまの訪英に主治医「極秘同行」か 全ての日程にご出席を果たして「完全復活」を証明するための“安心材料”に
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン