スポーツ

《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり

快進撃が続く大の里(時事通信フォト)

快進撃が続く大の里(時事通信フォト)

 大相撲5月場所は、初日に黒星を喫した横綱・照ノ富士と大関・貴景勝が翌日から休場すると、カド番大関の霧島も6日目までに1勝5敗となり7日目から休場した。関脇の若元春も右足親指の負傷で7日目から休場(11日目から再出場)。初日から休場していた小結・朝乃山も合わせて、一時は三役以上9人中5人が取組から消えるという異常事態となった。そうしたなか存在感が大きくなっているのが、千秋楽を優勝争いのトップで迎え、史上最速となるデビュー7場所目での優勝が目前に迫る新小結・大の里だ。

 三役以上が5人休場するのは2018年11月場所以来のこと。同場所では3横綱、1大関、1小結が休場し、小結の貴景勝が12勝3敗で優勝している。相撲ジャーナリストが言う。

「横綱・稀勢の里(当時)は翌年の1月場所も初日から3連敗して引退。その場所は残る横綱の白鵬、鶴竜も途中休場で、大関陣の高安、豪栄道、栃ノ心も総崩れの番付崩壊となり、34歳の小結・玉鷲が初優勝。新大関、新横綱の誕生が急務となった。

 そうしたなか、2019年1月場所までの3場所で『小結9勝→小結12勝(優勝)→関脇11勝』で3場所32勝だった貴景勝の大関昇進の議論がされたほど。強引にでも昇進させようという声があった一方、相撲内容の問題や、貴景勝が執行部と対立して2018年に退職した貴乃花親方の弟子だったこともあって見送りとなった。

 翌2019年3月場所の貴景勝は関脇で10勝5敗の成績で、『三役で3場所33勝』になったことで大関に昇進したが、カド番大関の栃ノ心が負け越して大関を降格したことも追い風となったとされる。昇進にはその時々の“相撲協会の都合”が反映されるものなのです」

相撲協会の期待が一極集中している

 今場所も番付崩壊が進むなか、カド番大関の霧島は途中休場で陥落が決まった。首のヘルニアの持病がある貴景勝も来場所は9度目のカド番となる。両膝に爆弾を抱える横綱・照ノ富士は横綱在位17場所で10度目の休場で、いつ引退してもおかしくない状況だ。

 そんななか、初の賜杯が目前に迫る快進撃を見せるのが新小結・大の里だ。初日に照ノ富士を破ると、霧島、琴櫻を撃破。11勝3敗の優勝争い単独トップで千秋楽を迎えた。入幕3場所目ながら、大関、そして横綱への昇進の期待がかかるのは当然だろう。

関連記事

トピックス

過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
高齢者運転免許自主返納サポート協議会発足式で発表されたロゴマーク。2008年、警視庁(時事通信フォト)
免許返納はしたけれど…… 運転をやめたことで認知症の症状が出始めることも
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン