スポーツ

【12億円新居購入】大谷翔平、“水原一平騒動”で予想外の引っ越し 日系コミュニティーと距離を置き“利便性より静けさ”を重視か

ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資

ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資(写真/AP/Aflo)

 閑静な高級住宅街の袋小路に、森に囲まれた3階建ての邸宅がひっそりとそびえ立つ。約1200坪の敷地内には、広大な庭とプールだけでなく、バスケットボールコートやアウトドアキッチンも完備。傍目には誰もが羨む大豪邸だが、この館の新しい主にとっては、必ずしも最善の選択肢ではなかった可能性があるという。

 地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」の報道により、大谷翔平(29才)がロサンゼルス市内に785万ドル(約12億3000万円)の新居を購入したことが明らかになった。本誌『女性セブン』が2024年4月25日号でスクープした「ハワイの25億円別荘」と同様に、スーパースターのスケールの大きさには驚かされるばかりで、テレビでは連日、新居の様子が報じられるなど、その注目度は群を抜く。しかし、ある球団関係者は、この新居の購入にどこか“性急さ”を感じ取ったという。

「実は、大谷選手はシーズン開幕直後に、予想外の引っ越しを余儀なくされていたのです」

 原因となったのは、元通訳の水原一平被告による前代未聞の醜聞だった。

「エンゼルス時代、ロスのニューポートビーチ地区のコンドミニアムに住んでいた大谷選手は、ドジャースへの入団に合わせ、水原被告と一緒にドジャースタジアム付近のマンションに転居していたのです。あくまで、生活が落ち着くまでの一時的な拠点でしたが、四六時中行動を共にする水原被告とは、住居も一緒の方が便利だったのでしょう。しかし、これが徒となった。

 水原被告による巨額横領事件の発覚後、大谷選手はすぐにその部屋を引き払い、いまは球団が契約する選手用の提携ホテルにいるといわれています。生活の中から水原被告の影を一刻も早く消し去りたかったのでしょうね」(前出・球団関係者)

 実際、騒動の最中、大谷が「いろいろあって睡眠時間が確保できなかった」と漏らしたことがあったが、捜査への協力だけでなく、そうした急な引っ越しも重なっていたのである。

「騒動が起きた後、一部メディアは『(大谷が)新居を建設中』と伝えました。本来であれば、新居はもっと腰を据えて準備する計画だったのかもしれません。12億円と聞くと大豪邸の印象を受けますが、現地では『大谷選手なら、もっと高級な自宅でもよかったのではないか』という声もある。実際、ハワイに購入した別荘の半額ですしね。

 このタイミングで新居を購入したのは、ホテルではなくて、真美子さんや愛犬・デコピンが早く落ち着ける環境を用意したいという大谷選手の家族愛があったのでしょう」(前出・球団関係者)

 新築ではなく、中古物件に決めた背景には、水原被告の一件が影響した可能性もあるようだ。ただ、そんな中でも選ばれた新居は大谷や家族のこだわりを押さえていた。

「大谷選手が新居を購入した『ラ・カナダ・フリントリッジ』地区は、ロスの中心部から20kmほど東北の丘陵地帯に位置する高級住宅地として、知る人ぞ知る人気エリアです。ロスは渋滞がひどい街なのですが、あの近くを走るフリーウェーは比較的、渋滞しにくい幹線道路です。スタジアムまでの“通勤”には車で20分もあれば充分でしょう。

 いまはまだ真美子さんとデコピンとの“3人暮らし”ですが、今後の子育てを考えてもオススメのエリアです。アメリカでは地域によって学校の質や雰囲気が大きく変わりますが、この地区はパブリックスクールのレベルが高いと評判なんです。真美子さんは新居での生活を充実させるために、家具や内装を吟味している真っ最中でしょう」(現地特派員)

関連記事

トピックス

1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン