スポーツ

二軍落ちの巨人・坂本勇人“ファーストで一軍復帰”の現実味 同コンバート経験者の藤田平氏は「打撃に専念できて首位打者を獲れた」と効果に太鼓判

二軍再調整を続ける巨人の坂本勇人(時事通信フォト)

二軍再調整を続ける巨人の坂本勇人(時事通信フォト)

 成績不振で二軍再調整を続ける巨人の坂本勇人(35)。「グラウンドの華」と言われるショートを長く守り、打線でも中核を担ってきた名手の早期復帰を望む声は少なくないが、阿部慎之助・監督(45)が取るべき策は──。【前後編の前編。後編を読む

 坂本がケガや体調不良以外の理由で二軍に落ちるのは、2007年のルーキーイヤー以来のことだ。長く“巨人の顔”を務めた主力の二軍再調整にチーム内には衝撃が走った。巨人番記者が語る。

「二軍落ちは坂本と阿部監督、二岡智宏ヘッド(48)の三者会談で決定したという話ですが、坂本のような実績があれば相手にプレッシャーを与えられるだけに、とりあえずスタメンから外して、代打の切り札として調整も兼ねて使う選択肢もあったはず。ケガもしてないのに無期限の登録抹消は驚きました。降格を言い渡された坂本本人は不調の原因がわからないようで、今は選手寮にある最先端の研究室でデータ測定に取り組み、浮上のきっかけを掴もうとしています」

 坂本は現役最多となる2375安打(7月1日時点)を放ち、ショートでゴールデングラブ賞を5回獲得。2022年まで8季連続で伝統の巨人軍のキャプテンを務めたまさに“チームの柱”だった。

 だが、阿部監督の就任1年目となる今季はサードにコンバートされ、当初5番だった打順は7番に降格。特に6月は打率1割5分9厘、1本塁打、4打点と不振を極めた。成績が低迷する坂本の穴をどう埋めるかも、チームの悩みの種となっている。前出・巨人番記者が続ける。

「阿部監督は開幕前、『ファースト岡本和真(28)、サード坂本、ショート門脇誠(23)は固定する』と宣言していました。しかし、坂本からショートのポジションを奪った門脇は打撃の低迷に加えエラーが多く、5月中旬から泉口友汰(25)が起用される機会が増え、坂本の不調で岡本はファーストからサードに回っている。開幕前の構想が大きく崩れています」

 坂本が長く守ってきたショートは強肩と広い守備範囲が求められる花形ポジションだけに、その出来がチームの勝敗を大きく左右する。スポーツ紙デスクが言う。

「坂本は華麗な守備だけでなく、歴代通算2位の二塁打や300本近い本塁打など、長打も打てる稀有なショートです。運動量が多く、本来は長くできるポジションではないですが、高卒2年目の2008年に二岡智宏からレギュラーを奪って以降、2022年を除いたすべての年で100試合以上に出場して不動の地位を築きました。ただ皮肉なことに、坂本があまりに長くショートで活躍したことで後継者が育たず、彼の衰えとともにチームの勢いもなくなりました」

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
綾瀬はるか
《SixTONES ジェシーが真剣交際》綾瀬はるか「異例の事務所コメント」過去の熱愛報道と一線を画す理由 見えてきた“まっすぐ”な愛
NEWSポストセブン
綾瀬はるかとの熱愛が発覚したジェシー
《綾瀬はるかと真剣交際》SixTONESジェシー「プライベートはお任せください!」「ズドン」異例コメントに見えた「ファンへの思い」と「ユーモアたっぷりの誠実さ」
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン