岡村隆史一覧/8ページ

【岡村隆史】に関するニュースを集めたページです。

二宮和也 佐々木希に『ワンピース』全巻サプライズプレゼント
二宮和也 佐々木希に『ワンピース』全巻サプライズプレゼント
 中学時代、2週間で10人の男の子に告白されたこともあるという佐々木希(23)。芸能界でも、ナイナイの岡村隆史(40)、チュートリアル・徳井義実(36)が彼女にメロメロだという話もある。そんな超モテの佐々木が、“引きこもり愛”を貫いてきたお相手が嵐の二宮和也(27)だった。 佐々木の知人はこう話す。「女の子なら誰だって、大好きなカレができたら、ショッピングをしたり、映画を見に行ったり、夏には花火、冬にはイルミネーションを見たりとか、カレと一緒にしたいことがいっぱいあると思うんです。それを希ちゃんは全部我慢してきた。 でも希ちゃんは、不満なんて全然いわないし、いつも“幸せ”って感じ。かわりに“カレは、自分が知らない新しい世界をたくさん教えてくれる”っていってます。たとえば漫画の“『ワンピース』を読んだことがない”っていったら、翌日全巻プレゼントしてくれたり…。そんな毎日のサプライズがすごく楽しいみたい」※女性セブン2011年6月9日号
2011.05.29 07:00
女性セブン
アンタッチャブル山崎は「本当におとなしくていい人」
アンタッチャブル山崎は「本当におとなしくていい人」
些細なボケも拾って笑いをつくり、明るくて天真爛漫な“いじられキャラ”としてお茶の間で愛されているお笑いコンビ・アンタッチャブルの山崎弘也(35)。もともと明るい性格で、カメラが回っていなくても喋り倒しているように見えるが、実は根っからの気遣いキャラなのだという。芸能関係者によると「ナインティナインの岡村隆史さんや志村けんさんが、普段は物静かでカメラが回りだした途端にスイッチが入るという話はわりと有名。しかし山崎さんは、自宅から出た瞬間にスイッチが入るのだと聞いたことがあります」。一人の時間が終わると「素」の自分を封印し、すぐに芸人としての仕事を開始するということだろう。また、かつて一緒に仕事をしたことのある若手女芸人はこう話す。「山崎さんは、本当におとなしくていい人。女性と話すのがあまり得意ではないというような印象を持ちました」それに対して相方の柴田英嗣(35)は、明るい性格で女性にも積極的とのこと。「一度、電話番号を教えてもいないのに電話がかかってきたことがありました。そのときは出られなかったのですが、あとから“出なくてよかったね”と仲間から言われたことがあります。出ていたらどうなってたのかなぁ…」(前出の若手女芸人)。
2011.05.11 16:00
NEWSポストセブン
岡村隆史 自らの快気祝いに超高級アボカドバーガーをお持ち帰り
岡村隆史 自らの快気祝いに超高級アボカドバーガーをお持ち帰り
11月27日放送の『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で、ナインティナインの岡村隆史(40)が、チリの落盤事故の救出劇を再現したコントで7月15日以来の長期休養から復帰した。番組関係者はこう話す。「“みんなを驚かせたい”“相方を泣かせたい”という岡村のアイディアで、極秘で企画を進行。サングラスを用意していたのは、自分も絶対泣いてしまうと思ったからのようです」放送翌日の28日には、代官山で『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の収録に参加。療養中は、入院生活を送り、食事は「魚ばっかり」 だったと『めちゃイケ』で明かしていた岡村は、ロケで立ち寄ったハンバーガー店にて、病院食に耐え続けた自分へのプレゼントとして、ボリュームたっぷり の、1700円もする「ベーコンチーズアボカドバーガー」を買って帰ったという。カメラが回っていないところでは無口なことで有名な岡村。休養以前の収録現場では、出演者が和気あいあいとしているなか、ひとり黙って精神統一をしていたという。それだけにあるスタッフは、この日の様子に、「無理してるんじゃないかって、心配で…」と不安を口にした。気になる病名は番組でも明かさなかったが、いわれているのは“うつ病”だ。あるテレビ局関係者がいう。「東京の病院で治療を受けていたそうです。岡村さんの家族もとても心配していました。体調を崩してしまったお母さんに代わり、お父さんが何度も見舞いに行って、身の回りの世話をしていたようです」超のつくほど真面目で、デリケートな神経の持ち主として知られる岡村。まさしくこれが、「完全復活」になりますように。※女性セブン2010年12月16日号
2010.12.02 10:30
女性セブン

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン