内海哲也一覧/3ページ

【内海哲也】に関するニュースを集めたページです。

WBCでの力投でキャリアに深刻な影響受ける投手少なくない
WBCでの力投でキャリアに深刻な影響受ける投手少なくない
 第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に臨む、小久保裕紀監督率いる代表チームだが、かつて二連覇を成し遂げた栄光は、遙か彼方だ。ロス五輪(1984年)の日本代表経験がある野球評論家の広澤克実氏は…
2017.03.07 07:00
週刊ポスト
巨人のキャンプを訪れると、選手たちが「大先輩」を囲んだ
巨人キャンプ訪れた金田正一氏「名もなき金田です」と挨拶
 今年もカネやんが巨人のキャンプ地に見参! 金田正一氏が姿を見せると、選手たちはウォーミングアップを取りやめて集合、輪には首脳陣も加わった。高橋由伸監督に促され挨拶。「名もなき金田です」と笑いを誘っ…
2017.02.21 07:00
週刊ポスト
来季はかつての大物助っ人がコーチに?
大型補強が話題の巨人、投手陣のビミョーな派閥関係
 FA市場で他球団の主力選手を相次いで獲得し、大型トレード、新外国人獲得にも乗り出した読売ジャイアンツ。その大補強の末に、キャンプイン前からチーム内の派閥争いが漏れ伝わってきた。たとえば、1年前に派閥を…
2017.01.24 16:00
週刊ポスト
巨人の若き主砲が悩んでいる
高橋由伸監督を悩ます巨人の複雑なチーム内派閥事情
 今オフの巨人選手の動向で、関係者を驚かせたのが「阿部(慎之助、37)が小林(誠司、27)をグアムの自主トレに連れて行ったこと」(担当記者)だった。 昨年は単身自主トレに励んでいた阿部が、「これまでの16…
2017.01.23 16:00
週刊ポスト
プロ野球の契約更改、査定項目は凡打や空振りにも及ぶ
プロ野球の契約更改、査定項目は凡打や空振りにも及ぶ
 プロ野球界は現在オフシーズン。選手たちは“契約更改”というもう一つ大事な闘いに挑んでいる。景気のいい話題で契約更改シーズンの口火を切ったのは、史上初となる2年連続トリプルスリーを達成したヤクルト・山田…
2016.11.30 07:00
週刊ポスト
プロ野球契約更改 大減俸の大物から始まる理由
プロ野球契約更改 大減俸の大物から始まる理由
 年の瀬も迫り、プロ野球界ではいよいよ契約更改シーズンが本番を迎えている。大幅アップもあれば大幅ダウンもあるのがプロ野球界だが、時には、選手個人の成績とは別の、球団の経営事情が影を差すことがある。「…
2016.11.28 07:00
週刊ポスト
ヤクザは儲けている?
プロ野球選手の節税 定番は高級外車だが落合博満氏は記念館
 プロ野球選手は、その年の成績次第で翌年の収入が大きく浮き沈みする。スター選手ほどその落差は大きく、億単位の年俸を手にした翌年、成績が振るわず大幅ダウンすると税金の支払うで苦しい思いをすることも。彼…
2016.11.19 07:00
週刊ポスト
球団カレンダー 移籍交渉の説得材料に使われることもある
球団カレンダー 移籍交渉の説得材料に使われることもある
 プロ野球の世界において、オフの戦力移動が活発化すると影響を受けるのが「球団カレンダー」である。球団カレンダーの基本構成は、「1月」が監督かチーム内のスター選手。主力選手はそれぞれ“ピン”で各月を飾り、…
2016.11.01 11:00
週刊ポスト
大谷翔平 巨人のコスト感なら10億払ってもいい
大谷翔平 巨人のコスト感なら10億払ってもいい
 11.5ゲーム差を引っくり返した北海道日本ハムの史上稀に見る逆転劇の立役者は、二刀流で投打に大活躍した大谷翔平(22)であるのは間違いないだろう。こんな活躍の仕方をした選手はこれまでにいないため、来季の…
2016.10.19 07:00
週刊ポスト
大谷翔平の来季年俸 いくらが「適切」なのか?
大谷翔平の来季年俸 いくらが「適切」なのか?
 11.5ゲーム差をひっくり返した北海道日本ハムの史上稀に見る逆転劇。その立役者が、「二刀流」で大車輪の活躍を見せた大谷翔平(22)であることに異論を挟む者はいないだろう。ポストシーズンの注目も一手に集め…
2016.10.17 07:00
週刊ポスト
ドラフト会議 巨人は今や「むしろ行きたくない球団」に
ドラフト会議 巨人は今や「むしろ行きたくない球団」に
 大学球界の投手陣を中心に「10年に1度の大豊作」といわれるドラフト会議が10月20日に迫ってきたが、本拠地・東京ドームでのCS敗退という屈辱を味わった“球界の盟主”は、ここでも予想外の苦戦を強いられているよう…
2016.10.16 07:00
週刊ポスト
巨人 内海哲也が契約最終年で岸孝之や山口俊に触手か
巨人 内海哲也が契約最終年で岸孝之や山口俊に触手か
 広島の独走を許し2位に甘んじた巨人。野手が打てないなら、投手も不甲斐なかった。 巨人のピッチングスタッフで胸を張れるのは防御率1.90(数字は9月21日現在、以下同)の菅野智之(26、9勝6敗)とプロ入り初2ケ…
2016.09.27 07:00
週刊ポスト
来季はかつての大物助っ人がコーチに?
7月に巨人広島が直接対決 「メークドラマ2016」なるか
「今年こそは……」―毎年そう願いながらも、優勝から遠ざかって四半世紀。そんな広島カープに最大のチャンスがやってきた。2位に9ゲーム差を付ける独走態勢(6月30日現在)。しかし球団関係者とファンの脳裏には、20…
2016.07.06 07:00
週刊ポスト
最強ソフトバンク 選手データ完全管理でケガ防止に努める
最強ソフトバンク 選手データ完全管理でケガ防止に努める
 圧倒的な強さを見せ続ける福岡ソフトバンクホークス。同様に「巨大戦力」を誇るともいわれる巨人との交流戦での直接対決は「球界の盟主」の交代を強く印象づけた。6月10~12日のソフトバンク―巨人3連戦は、ソフト…
2016.06.22 07:00
週刊ポスト
高橋由伸監督 ドSな「ブラック・ヨシノブ」が怖いと評判
高橋由伸監督 ドSな「ブラック・ヨシノブ」が怖いと評判
「まあまあだったと思います。次もある? そうですね。終わったばかりでまだ決めてないですけど……」 5月17日の巨人対DeNA戦後、今季初登板を果たし敗戦投手となった内海哲也投手(34)をこう評した巨人の高橋由伸…
2016.05.24 16:00
週刊ポスト

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
笹山なつき容疑者(21)
《プライベートでも悩み》園児切りつけ21才保育士、「明るく元気で弟思い」の彼女が“病み”投稿連発で凶行に至った「家族を支えなきゃ」のプレッシャー
NEWSポストセブン
森香澄
森香澄、高度に作り込まれた“あざといキャラ”でバラエティー評価上昇中 妨げになるのはリアルな“熱愛発覚”
NEWSポストセブン
被害者の平澤俊乃さん、和久井学容疑者
【新宿タワマン刺殺】和久井学被告が接近禁止命令の後も続けていた「ネット・ストーキング」 被害者女性のライブ配信での一言で殺害決意か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン