葉山エレーヌ一覧

【葉山エレーヌ】に関するニュースを集めたページです。

日本テレビの強さの一因「サブアナウンサーシステム」とは
日本テレビの強さの一因「サブアナウンサーシステム」とは
 2019年まで6年連続で年間視聴率「三冠王」に輝いた日本テレビ。先に「女子アナ帝国」を築いたフジテレビに対抗すべく、1990~2000年代は女子アナを「グループ化」して売り出していくしたたかな戦略をとった時期も…
2020.07.09 07:00
週刊ポスト
水卜麻美アナ入社以降退社者ゼロ、日テレ女子アナ変化の歴史
水卜麻美アナ入社以降退社者ゼロ、日テレ女子アナ変化の歴史
 日本テレビは民放テレビ局第1号として誕生した。1953年の開局から1980年代中頃までの同局の女子アナのイメージを「独自性が強い」と女子アナウォッチャー・丸山大次郎氏は評する。「民放第1号としてのポリシーを…
2020.07.03 07:00
週刊ポスト
フジも日テレも… 女子アナ史を彩った「三人娘」の系譜
フジも日テレも… 女子アナ史を彩った「三人娘」の系譜
 ここ数年は低迷しているが、かつては多くの高視聴率番組を抱え、“民放の雄”として君臨したフジテレビ。人気女子アナも数々と輩出したが、フジテレビの“女子アナ帝国”を確固たるものにしたのが、1988年入社の有賀…
2020.01.14 07:00
週刊ポスト
近年まれな存在 日テレ笹崎里菜アナがもったいなさすぎる
近年まれな存在 日テレ笹崎里菜アナがもったいなさすぎる
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、「好きな女子アナランキング」の最新結果もふまえ、日テレの笹崎アナに注目。 * * * 恒例…
2017.12.02 07:00
NEWSポストセブン
芸能界で活躍するハーフ美女 その歴史とお宝写真
芸能界で活躍するハーフ美女 その歴史とお宝写真
 日本におけるハーフタレントの活躍は、今から約50年前、1960年代後半から始まった。テレビ放送のカラー化が本格的になり、より華やかなビジュアルのタレントが求められた。広告の世界では前田美波里のような、恵…
2017.04.07 16:00
週刊ポスト
女子アナ 夏の人事異動で明らかになった勝ち組と負け組
女子アナ 夏の人事異動で明らかになった勝ち組と負け組
 7月は人事異動の季節。テレビ業界でも番組改編に伴う女子アナたちの“人事”が行なわれ、“勝ち組”と“負け組”が鮮明になっている。 フリー転身を機に大ブレイクを果たしたのは元日テレの上田まりえ(29)だ。“女子…
2016.08.06 16:00
週刊ポスト
日テレ女子アナ社内事情 水卜、鈴江、葉山らの明暗
日テレ女子アナ社内事情 水卜、鈴江、葉山らの明暗
 画面に登場する姿が増えると話題になる女子アナの皆様方だが、今回はある女子アナが画面から“消える”ことがニュースになった。 日本テレビの葉山エレーヌアナ(33)が6月の人事でインターネットへの番組配信など…
2016.06.07 11:00
週刊ポスト
「女子アナ30歳定年説」を覆す日本テレビ鈴江奈々アナの活躍
「女子アナ30歳定年説」を覆す日本テレビ鈴江奈々アナの活躍
 女子アナには、「30歳定年説」が囁かれている。若い頃は次から次へと仕事が舞い込むが、30歳を超えると、オファーが減少したり、結婚退社するケースも多い。実際、今春も、2人の人気アナウンサーが30歳前後で局を…
2015.05.10 07:00
NEWSポストセブン
ミト会入り笹崎里菜アナ 鈴江・エレーヌアナもケアをと助言
ミト会入り笹崎里菜アナ 鈴江・エレーヌアナもケアをと助言
 東洋英和女学院大を卒業し、4月から日本テレビに女子アナとして入社する笹崎里菜さん(22)。銀座のクラブでホステスのアルバイトをした経験があることを理由に「清廉性がない」と採用内定を取り消されたが、法廷…
2015.04.01 07:00
週刊ポスト
日テレ入社笹崎里菜アナ 早くも女王・水卜アナへ忠誠表明か
日テレ入社笹崎里菜アナ 早くも女王・水卜アナへ忠誠表明か
 東洋英和女学院大を卒業し、4月から日本テレビに女子アナとして入社する笹崎里菜さん(22)。学生時代からここまでの知名度を誇ったアナウンサーは誰もいなかった。銀座のクラブでホステスのアルバイトをした経験…
2015.03.31 07:00
週刊ポスト
日テレ逆転内定アナ 世間にアピールのため花形ポスト用意か
日テレ逆転内定アナ 世間にアピールのため花形ポスト用意か
 視聴率3冠奪還も目前──フジテレビと違って絶好調の日本テレビだが、女子アナたちは戦々恐々。理由はあの「超大型新人」だ。銀座のホステス経験を理由に、いったんは内定を取り消された笹崎里菜さん(22)が法廷闘…
2015.03.07 07:00
週刊ポスト
日テレ逆転採用の女子アナ 早々にレギュラー番組獲得の予測
日テレ逆転採用の女子アナ 早々にレギュラー番組獲得の予測
 銀座のクラブでホステスのアルバイト経験があることを理由に「清廉性がない」と日本テレビのアナウンス職の採用内定を取り消されていた東洋英和女学院大4年・笹崎里菜さん(22)が日テレを訴えた民事訴訟で和解が…
2015.01.20 07:00
週刊ポスト
【女子アナ妄想箱根駅伝】ピカイチの戦力を誇る関東私大選抜
【女子アナ妄想箱根駅伝】ピカイチの戦力を誇る関東私大選抜
 正月の風物詩・箱根駅伝は盛り上がった。各大学のプライドをかけて襷をつなぐ選手たちの姿に拍手を送らずにはいられなかった。仮に、年末年始の特番に引っ張りだこだった人気女子アナたちが出身大学別に分かれて…
2015.01.12 16:00
週刊ポスト
日テレ葉山エレーヌ 「胸チラ」連発でPに積極営業中の証言
日テレ葉山エレーヌ 「胸チラ」連発でPに積極営業中の証言
「お騒がせアナ」に、かつての勢いが戻って来た。今年4月に本誌が電撃離婚をすっぱ抜いた日本テレビの葉山エレーヌアナ(32)だ。 結婚・出産後、ノースリーブやホットパンツなど奔放なファッションを封印していた…
2014.10.10 16:00
週刊ポスト
日テレ・葉山エレーヌ ホットパンツ封印で局員から失望の声
日テレ・葉山エレーヌ ホットパンツ封印で局員から失望の声
 今年4月に離婚が明らかになった日本テレビの葉山エレーヌアナ(32)に最近元気がないとの声が聞かれる。シングルになって心機一転、仕事に邁進するかと思いきや、いまだレギュラー番組はゼロだ。営業畑の日テレ社…
2014.08.20 07:00
週刊ポスト

トピックス

《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン