蒼川愛一覧

【蒼川愛】に関するニュースを集めたページです。

指原莉乃『バチェラー2』での「恋愛解説」はクセになる
指原莉乃『バチェラー2』での「恋愛解説」はクセになる
 恋愛や結婚をテーマとしたバラエティ番組は数あれど、Amazonプライム・ビデオの『バチェラー・ジャパン』シリーズは、ゴージャス空間で繰り広げられる浮世離れした世界にあるのにリアリティーショー、という奇妙な面白さが突出している。待望のシーズン2で、さらに日本の視聴者向けに番組のアピールポイントが変更された同番組の新たな魅力について、イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が解説する。 * * * 指折り数えた日がきた。そうAmazonプライム・ビデオで『バチェラー・ジャパン シーズン2』が2018年5月25日に配信されたのだ! ご存知のない方にざっくりとした説明を。『バチェラー』とは、アメリカ発の恋愛リアリティー番組。容姿、収入、学歴と全てを持った独身男性(英語:bachelor)を20人の美女が奪い合う。バチェラーと女性陣は“ラグジュアリー”な空間で蜜月の時を過ごす。東京スカイツリー貸し切り、プライベートジェットでの大空散歩、豪華ヨットでのクルージング、バブル時代真っ青のデートを繰り広げる。 各話の最後には、バチェラーが残って欲しい女性にバラを手渡すローズセレモニー。各話ごとに1~2名の女性がドロップアウト。回を追うごとに人数は減っていく“サバイバル”戦を行う。最後の1人となった女性は“真実の愛”をバチェラーと分かち合う。そして、結婚を前提とした交際をスタートさせるのだ。「世界一の恋愛リアリティーショーの日本版が遂に!」と銘打たれ、2017年2月17日に初配信された『シーズン1』。ジワジワと火がつき、2017年度のAmazonプライム・ビデオの視聴ランキングで8位を獲得した。僕を含め「恋愛番組は興味ないけど『バチェラー』は別腹」、そんな人は多い。射止めたい意中の男性を前にしたときとそれ以外で、女性はまったく別の顔を見せる。だが、そのさまをまじまじと見る機会はそうない。『バチェラー』では、表の顔と裏の顔をクッキリと見られる。そりゃ面白いに決まっている。余談だが、テレビをそもそも見ないうちのお袋もハマった。ま、それくらいに面白いのである。 5月25日深夜0時、『バチェラー・ジャパン シーズン2』が5話分配信された。1年ぶりに見る『BACHELOR』のロゴ。“O”の文字だけが結婚指輪をモチーフとしたイラストになっており、キラリと輝く。指輪をめぐるバトルなんて『ロード オブ ザ リング』と『バチェラー』ぐらいだ。興奮しつつ、もちろん一気見。 いやいや『バチェラー・ジャパン シーズン2』は『シーズン1』とは別物だった。番組フォーマットは同じだが、コンセプトが違う。『シーズン1』で嫌というほどナレーションで語られた「真実の愛」なるフレーズがあまり出てこない。『シーズン1』のバチェラー久保裕丈と選ばれた女性・蒼川愛が“真実の愛”をうたっておきながら、早々に別れたこともあるのか。前回に比べて“純愛”成分は薄い。 かわりに打ち出されたのが“サバイバル”要素。番組バナーにも「新感覚婚活サバイバル」と明記される。『シーズン1』でロマンチックな恋愛模様の副産物としてあった女のバトルが全面に。それゆえ番組の構成も変更されていた。『シーズン1』で、本編とは別に配信されたバチェラー・ジャパン総合プロデューサー今田耕司とゲストのトークコーナー『バチェラー・ジャパン プレミアム・トークセッション』。『シーズン2』ではこれが廃止。かわりに今田、藤森慎吾、指原莉乃がVTRを見てのスタジオトークが本編に組み込まれた。『バチェラー・ジャパン プレミアム・トークセッション』は、ゲストの恋愛観を今田がインタビューしつつ、“ラグジュアリー”な恋愛リアリティーを応援するコーナーだった。しかし、『シーズン2』のスタジオトークは、その趣を受け継ぐことなく“ラグジュアリー”さはゼロ。本音と辛辣さ、第1話の冒頭で指原は「もっとケンカして欲しい!」と早速ゆがんだ欲望を吐露する。 確かに『バチェラー』で起こる女性同士のケンカは面白い。ドラマで見るような大声をあげるようなことはない。それは、ある女性がツーショットから戻ったとき、つとめて明るく軽い口調で切り出したことから始まった。女性1「あなたが2回キスしたから、私はもっとしたよ」女性2「私はそんなの競ってないから(小声)」女性1「ナニを!? 今、話してもらっていい?」女性2「キスの回数とか関係ないから。(あなたは)精神状態まともじゃないというか……」 バチェラーとしたキスの回数で淡々と揉める、生々しさと異常性がある。 ちなみに、女性2もまともではなく。「この『バチェラー』でうまくいかなくとも、いつか私を日本から探し出してくれる」や「バチェラーと結婚できなかったら、私は一生結婚しない」といった狂信的な発言をしている。 当初は、民放バラエティ的なスタジオトークに辟易としていた。しかし、回を重ねていくうちに楽しみに。『シーズン2』の女性陣を見て、今田、藤森が感想を述べる。両人のコメントに僕は大いに共感する。2人が話すことは、男性の大多数が思う女性の捉え方だろう。それに辛辣なツッコミを入れるのが指原だ。 参加者のひとりに「付き合った人をダメ人間にしちゃう、私が甘やかしてしまうから」と語る女性がいた。今田はその女性を推しメンとしてプッシュ。対して、指原は「けどこれって“私は愛情が深い女です”とアピールしている自虐風自慢ですよね」とツッコミ。 番組の恋愛サバイバルが進み沖縄に移動した一行は、バチェラーとのツーショットタイムを争うビーチフラッグに挑戦。勝者となった女性は過剰に喜びをアピールする。その様子を見て「勝って喜びすぎる姿って女性らしさがないですよね」と指原は評する。 その直後、番組開始直後からバチェラーの本命だと思われた女性がドロップアウト。男性の理想を体現する純粋なタイプだったので、「本当にいい子のままいなくなったね」と藤森。そして「だー違う、あざといのにな」と顔をしかめる指原。「違うよ違う、バチェラーにふられたときに涙も見せなかったじゃない。そんな健気ないい子だよ」と今田。この意見の相違に、指原は「ケンカします?」と鼻息を荒くする。 上記のような、指原による女性目線での解説。これが『シーズン2』の魅力を最大限に引き出す。非現実な婚活サバイバル『バチェラー』を小気味よく裁き、ラグジュアリーで浮世離れしたサバイバル空間と、現実とのパイプ役を果たす。 当初は、指原の解説により面白さが説明的になった『シーズン2』は、『バチェラー1』と比べ、退化したと見ていた。しかし嫌いだった解説が段々とクセになってくる。指原の解説を求めている自分がいる。こんな心変わりは、サッカー日本代表戦で居酒屋解説をする松木安太郎以来、2度目。まぁ、指原の方が比べてものにならないくらい理性的な解説なんだけど……。『バチェラー・ジャパン シーズン2』は、今現在(2018年6月7日)6話目まで配信している。女性陣も20名から5名にまで絞られた。今後も海外デート、バチェラーの両親との面談、そして女性陣のケンカと魅惑の展開が続くだろう。なにかと話題が尽きない『バチェラー』、ゆえに話のネタにもなる。そういった意味でも見て損はしないコンテンツだと思う。
2018.06.10 16:00
NEWSポストセブン
BJカップル破局 蒼川愛の闇は久保裕丈には濃すぎたか
BJカップル破局 蒼川愛の闇は久保裕丈には濃すぎたか
 アメリカで十年以上続く人気リアリティーショーの『The Bachelor』が、Amazonプライム・ビデオによって昨年、日本版の『バチェラー・ジャパン』として制作、公開された。1人の理想的な独身男性をめぐり25人の女性が争奪戦を繰り広げるのが基本プロットのこの番組は、もうすぐ第2シーズンが公開される。ところが突然、第1シーズンで誕生したカップルの破局が発表された。番組を見るうちにバチェラーファンになったイラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、理想的なカップルのこれまでを振り返った。 * * * 2月22日、Yahoo!ニュースを見ていたら、衝撃的な記事が目に飛び込んできた。「バチェラー・ジャパン初代カップルが破局報告『申し訳ない気持ちでいっぱい』」。想像していたこととは言え、思わず「うぬ……」と唸ってしまった。遂に、初代バチェラー久保裕丈と蒼川愛の離別が世の中に出てしまったのである。まるで内情を知っているような書き方をしてしまったが、もちろん2人の私生活については何も知らない。ただ「別れているだろうなぁ……」とは幾分か前から予想はしていた。 2017年2月17日より「Amazonプライム・ビデオ」で配信をスタートさせた『バチェラー・ジャパン』は、金持ちの独身男性(バチェラー)が25人の女性から運命の相手(決して嫁ではない)を選ぶ番組。すったもんだの末、4月28日に配信された最終12話でバチェラー久保が”真の愛”を紡ぐ相手として選んだのが蒼川。特にこれといった攻勢もハイライトもない女性だったが、早大生の知性と若さを存分に発揮。いつの間にかポールポディションをゲットし、ゴールしていた。(ちなみに、久保を奪い合った女性は、基本的に売れていないタレントが多い) 膝をつき「こんなに大好きになるなんて思っても見ませんでした」と蒼川に婚約指輪を捧げた久保。その後、配信されたエピローグでは久保と蒼川は「結婚を前提に交際をしています!」と堂々宣言。久保が誰を選ぶかを楽しむ『バチェラー』、もちろん出演者によるネタバレ厳禁。番組終了後に書かれた蒼川のブログによると「1月頃に撮影が終わった」とのこと。よって2人の交際事情が解禁された4月28日頃には、交際3ヶ月を超えていた計算となる。 自分の恋愛がおざなりだからこそ、他人の情事を応援したくなるもの。また番組を通して僕は、紳士的態度を保ちつつ、合法的ハーレムを築く久保の大ファンとなっていた。 久保と蒼川のツイッター、インスタグラムをフォローし2人の動向を追いかける日々が始まる。とにかく自分が好きな2人は、自身の写真を頻繁に更新。しかし、肝心の久保と蒼川の2ショットが公開されない。待望の日は2017年5月11日の蒼川23歳の誕生日にやってきた! 久保のインスタには#hbd(※ハッピーバースデーの意味)のタグとともに、仲睦まじく並ぶ2人。結婚へ向けた交際は順調そうに見えたのだが……。 しかしである。それ以降、久保と蒼川の2ショットが自身の手でSNSに上がることはなかった。同じ場所にいる様子は見られるものの、互いを語る描写が一切出てこない。交際を隠す必要はない2人、公にした方が反響集めそうなのに……、いやいやそんなのは素人考えか……、静かにしておいて結婚会見でブチ上げるのか!? なんて余計なことを考えていた。 そんな日々のなか、バチェラーによって名声を得た2人は、ヒップスターへの道を邁進していく。久保は小学館から『その恋はビジネス的にアウト』を上梓。ビジネスの手法を恋愛で生かす指導者として、ホリエモンとも対談。蒼川は、講談社の個性派アイドルオーディション「ミスiD2018」にエントリーし、主宰である小林司から個人賞が贈られた。「ミスiD2018」に応募する際に蒼川が書いた自己紹介文を読み、そして驚く。文面に描かれていたのが蒼川の孤独と闇について。人に憧れられる存在でありたいという想いと共に「結局どこにいても孤独に感じてばかりだったし、その分他者からの承認欲求に飢えていたと思う」と綴られる。その一方で、小林司のコメントには「最終面接でのエピソードでいちばん痺れたのは『お仕事で会う大人の男のひとのほとんどが口説いてくる』でした」。もちろん、男のひとからの誘いに蒼川が”乗っていない”前提で書かれている。「ミスiD2018」のエントリー動画で蒼川は、「23年間生きてきて、クソみたいな男もいたし、女もいたし、いっぱいいたけどそれが今の自分を形成しているものだし」と雄弁に語る。その姿は『バチェラー』で見せた、しおらしさとは真逆の強さがあった。 2人の交際がいつ頃終わったのかは分からない、蒼い恋の炎がなぜ鎮火したかも分からない。ただ蒼川の闇は、久保の想像を超えるほど深く、濃い色に包まれていたと思う。彼女は美貌を備える。ゆえに願えば、凡人よりも容易く願いが叶う。叶うという事実は、更に欲望の濃度を深める、それは罪となり自身を苦悩させる。久保という他人が羨むパートナーを得ても、満ちることがない業が蒼川にはあったのだろう。 世界をまたにかけ”真の愛”を探したバチェラー久保。しかし、”真の愛”で蒼川愛の心を赤く染めることはできなかった。
2018.03.03 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン